ポリネシアンの歴史と文化に触れられる場所、ポリネシアカルチャーセンター。

ポリネシアンの暮らしや文化、歴史を体験して学べるハワイ最大のテーマパークなので、大人気の観光地となっています。

様々なホテルや施設で日々開催されているポリネシアンショーですが、やはりここより凄いものはなかなか見られません。

内容が盛りだくさんなので、観光で行く際は事前にプランを立てておくことをおすすめします。

ツアーで訪れるのが一般的な場所ですが、送迎なしで自分で入場料だけ支払うという流れも可能です。

昼も夜も楽しめる、ファミリーにもおすすめのスポットなので、是非訪れた際はポリネシアの世界を1日楽しんでみてくださいね!

ポリネシアカルチャーセンター園内スケジュール

東京ドーム約3個分の敷地内は6つの村(アオテアロア、フィジー、ハワイ、サモア、タヒチ、トンガ)に分かれています。

それぞれの村でショーをみたり、伝統的なゲームやダンスを体験したり、心地よいウクレレの音楽を聴きたりする事ができます。

他にも、彫刻作業場、イオセパ・カヌー展示、ハワイアン・ジャーニー映画(日本語は5pm〜)などがあり、レストランやお土産ショップも充実していますので、1日で全てを巡りたいと思ったらなかなかの忙しさです。

それぞれの村では30分ごとにショーが開催されるので、スケジュールをしっかり確認をして無駄のないように動くようにしましょう。

それぞれの村の移動距離もありますので、なるべく近くの村へ移動するのがおすすめです!

ポリネシアカルチャーセンター昼の目玉、カヌーショー

お昼(2:30pm〜)から開催される目玉の一つが「カヌー・ショー」です。

6つの村の伝統ダンスを全て見られるということもあり、来場者のほとんどが川のそばにやってきて見学します。

カヌーの上で繰り広げられるポリネシア・ダンス・ショーは迫力満点なので必見!

ちなみにショーをやっていない時間であれば、村と村はカヌーを使って移動することもできますよ~

ポリネシアカルチャーセンター夜の目玉、ファイヤーナイフダンス

ポリネシアカルチャーセンター1番の見どころはなんといっても迫力満点のイブニングショーである「ファイヤーナイフ・ダンス」でしょう!

ハワイNO.1のショーとも言われ、総勢100名近いキャストの見事なパフォーマンスに圧倒されます。

ドキドキハラハラで瞬きをすることも忘れるくらい夢中になってしまうかもしれません。

ハワイの思い出として、ぜひ目に焼き付けておいてくださいね!

ビュッフェスタイルのポリネシアンな食事もぜひ合わせて楽しんでください。

メインのレストランは「ゲートウェイ」と「アリイ・ルアウ」で、ゲートウェイレストランなら「プライム・ダイニング」か「アイランド・フィースト」を楽しめます。

豪華にいきたいなら「プライム・ダイニング」、ショーも見ながら食べたいなら「アリイ・ルアウ」、効率重視なら「アイランド・フィースト」がおすすめです。

ポリネシアカルチャーセンターへの行き方と地図

ポリネシアカルチャーセンターは「ノースショア」のライエエリアにあります。

ワイキキからのアクセス方法としては、高速道路H1(West方面)→63号線(North方面)→83号線(West方面)と言うルートで、車では約1時間30分です。

ワイキキからの移動手段としては、ツアーやレンタカーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

ポリネシアカルチャーセンターへ行けるツアーと周辺施設

ポリネシアカルチャーセンターへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

ポリネシアカルチャーセンターの周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

ライエポイント (Laie Point)