ラニアケアビーチ (Laniakea Beach)

ハワイの海でウミガメに会いたい!

そう決めてハワイ旅行を計画中の方に、要チェックのビーチがあります!

オアフ島、ノーショア、ハレイワタウンの近くのラニアケアビーチです。

別名タートルビーチ(turtle beach)と呼ばれています。

ウミガメが訪れるビーチとして世界的に有名です。

ラニアケアビーチには、ウミガメを見に来る観光客が後を絶たず、常にたくさんの人が訪れるビーチになっています。

ラニアケアビーチへの行き方はワイキキから車で約1時間。

ハレイワタウンから北へ10分程度走ったところにあります。

駐車場は海岸の反対側車線の路肩一帯に作られています。

渋滞や事故が起きないように、くれぐれも気を付けてくださいね。

バスですと、乗り継ぎの便が悪く、2時間以上かかってしまいます。

帰りのバスの時間も気になるところなので、バスを利用予定の方は、ザ・バスの運行アプリを忘れずにダウンロードしていってくださいね。

運行状況をちょこちょこチェックしながら観光すれば、ロスタイムを最小限に抑えることが出来ると思います。

ザ・バス(TheBus)のスマホアプリ「Da Bus」→iOS版 →アンドロイド版

観光客にもすっかり有名になっているラニアケアビーチには、保護団体のボランティアの方々が常駐していて、常に観光客とウミガメの距離を監視しています。

どうぞ、ルールを守って見守ってくださいね。

赤い線が引かれたところから近づかない、触らない。できれば騒がない。

ラニアケアビーチは野生のウミガメと人間が同じ空間で時を共有できる貴重な場所です。

ウミガメたちが居心地の悪い場所と感じることが無いように。

人間たちがしっかりと思いやって空間を共有してほしいですね。

ウミガメたちは午前中は海水浴、午後は陸に上がって甲羅干しをするのが日課です。

近くでじっくりと見たい場合は午後の時間帯が良いかもしれません。

ウミガメはハワイ語でホヌ(honu)、幸運をもたらすという守護神としてハワイの人たちは大切に接しています。

ハワイの地が永遠に人々に幸せをもたらす土地として愛されるように、ホヌが幸せに暮らせる場所であり続けてほしいですね。

そうそう、ラニアケアビーチの海は岩場が多く、泳ぐのにはあまり適してはいません。

ライフガードもいませんので小さなお子さんが水遊びする場合は十分に気を付けてくださいね。

パパイロアビーチ (Papailoa Beach)


お次はウミガメに会える確率がかなり高い、とっておきの場所をこっそり教えちゃいます。

ウミガメの楽園ビーチと呼ばれるパパイロアビーチはノースショア、カメハメハ・ハイウェイを北上しパパイロア・ロードを左折したところにあります。

あたり一帯は高級住宅地。砂浜に抜ける小道もよく見ないとうっかり通り過ぎてしまいそうな小さな看板があるだけ。まさに、知る人ぞ知る、ロコ率98%のビーチです。

このビーチを一躍人気にしたのが、全米人気ドラマ「LOST」。

砂浜でのキャンプシーンが撮影され、有名になってしまったようで、一時は聖地巡礼の観光客が後を絶たなかったようです。

今は少し落ち着いてきたようですが、今だにその人気は衰えないようですね。

そんな美しいパパイロアビーチにやってくるのが、聖地巡礼の観光客ではなく、ハワイの守護神ホヌ(honu)こと、アオウミガメです。

このビーチは豊富な藻類、海藻があり、ウミガメの食事処として、常にウミガメがやってきては、砂浜で一休みしているのです。

ウミガメで有名なラニアケアビーチより、多いかもしれません。

パパイロアビーチは満潮になると、ほとんど歩くところもなくなってしまうほど潮が満ちてきてしまいますので、干潮の時間を調べて行くことをお勧めします。

泳ぐことにもあまり適していない、岩場のビーチです。ここはウミガメに会いに来るか、ロストの雰囲気をちょっぴり感じに来るのがいいかもしれません。

誰もいないビーチなので、トイレもシャワーもありません。駐車場も高級住宅街に路駐することになるので、住民の方への配慮をお忘れなく。

誰にも教えたくない、ウミガメたちの楽園ですから、どうぞ静かにこっそりとウミガメたちに会いに来てくださいね。

アリィビーチ (Ali’i Beach)


ホノルルから北、ノースショアを目指し北上!ハレイワの小さなボートハーバーの西側にハレイワ・アリィビーチ・パークがあります。

19エーカーの青々と茂った芝生の公園はノースショアのロコたちの大好きなピクニックエリアです。

公園の先に広がる長い長いビーチはウミガメの楽園。豊かな海草や藻類を食べにやってきたウミガメたちが一休みしに来ます。砂浜に上がるウミガメに出会えたらラッキーですよ!

ウミガメたちは人のいない静かな砂浜にゆっくりゆっくりと上がってきます。ウミガメで有名なアラニケアビーチが近くにありますが、ウミガメとの遭遇率はここアリィビーチのほうが高いかもしれません。

ハワイで見られるウミガメはアオウミガメという種類で、ハワイ語でホヌ(honu)と呼ばれています。ハワイの人たちはホヌを神様からのお使い、守護神、幸運をもたらす使者として、大切に大切にしてます。

神聖な生き物として、大切に守られているホヌは絶滅危惧種に指定されています。ハワイではよく見かけると言っても世界的には数がどんどん減ってしまっているのですね。

ハワイ州でも特別保護動物に指定されていますので、ホヌを見かけても決して近づいたり、触ったりしてはいけません。ハワイ州の州法で2メートル以上近寄ったり触ったりすると高額な罰金が課せられます。

どうぞ、ウミガメにあっても、そっと遠くから見守ってあげてくださいね。

アリィビーチはハレイワタウンから歩いて10分の距離にあります。ハレイワタウンのツアーで来た場合は自由時間に歩いてちょっとビーチに立ち寄ることが出来ますね。

冬には大きなサーフィンの大会も開催されます。公園は綺麗に整備されていますので、トイレも近く、公園入口には駐車場もあります。

ハワイで幸運をつかむために、ウミガメに会いに行ってみましょう!

こちらのスポットへ行けるツアーのご紹介