ハワイ観光と言ったら海ガメウォッチは欠かせません!

浜でお昼寝をしている様子を見学したり、シュノーケリングで一緒に泳いだり、観光のハイライトになるシーンの1つですね。

そんな海ガメさんたちですが、実は色々なところに集まるスポットがあります。

こちらの記事では、毎日海ガメの行動を観察している海ガメマイスターであるアロアロトラベルのスタッフがオススメするハワイのオススメ海ガメビーチをまとめて紹介しています。

過去にテレビで放送されたことも、雑誌に載ったことも、ローカルでも知らないスポットもたっぷりご紹介しますので、是非ハワイ旅行の参考にしてみてください!

ラニアケアビーチ (Laniakea Beach)

ハワイの海でウミガメに会いたい!

そんな方にオススメするのは海ガメビーチの超定番スポット、ラニアケアビーチです。

ラニアケアビーチは夏のシーズン(5〜9月頃)はほぼ間違いなく海ガメを見ることができます。

別名タートルビーチ(turtle beach)と呼ばれています。

ラニアケアビーチには海がめを見に来る観光客が後を絶たず、常にたくさんの人が訪れるビーチになっています。

海ガメの数よりは人の数の方が多いビーチです。笑

駐車場は無いのですが、「みんなで止めれば怖くない」と言うことで、警察もお手上げ状態です!

そのため、道がカメ渋滞してしまって大変なんですけどね…

ラニアケアビーチには、保護団体のボランティアの方々が常駐しているので、海ガメのお話を聞くこともできます。

海ガメはハワイ語でホヌ(honu)、幸運をもたらす守護神としてハワイの人たちに大切にされています。

法律で約3mはカメから離れなくてはいけないことになっているので、赤い線が引かれたところからは近づかないようにお気をつけください。

触ったり、乗ったりしたら重い罰金の制度があるので十分に気をつけてくださいね。

ウミガメたちは午前中は海藻もしゃもしゃ、午後は陸に上がって甲羅干しをするのが日課です。

近くでじっくりと見たい場合は午後の時間帯が良いかもしれません。

夏のシーズン(5〜9月頃)は海も穏やかで、透明度も抜群なのでシュノーケリングもオススメです。

海ガメだけではなくて結構お魚も多いエリアなので、ハワイらしいビーチを楽しむことができます。

岩場付近はヌルヌルしていて滑りやすいのでその点だけ注意して遊んでくださいね。

こちらのスポットへ行けるツアーのご紹介

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「午後からたっぷり!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

パパイロアビーチ (Papailoa Beach)

パパイロアビーチは夏季限定ですが、ガイドブックには載っていない海ガメ大量発生ビーチです。

あたり一帯は高級住宅地。砂浜に抜ける小道もよく見ないとうっかり通り過ぎてしまいそうな小さな看板があるだけ。

まさに、知る人ぞ知る、ロコ率99%のビーチです。

このビーチを一躍人気にしたのが、全米人気ドラマ「LOST」。

砂浜でのキャンプシーンが撮影されて有名になってしまったようで、一時は聖地巡礼の観光客が後を絶たない時期もありました。

このビーチは豊富な藻類、海藻があり、海が穏やかな日は常に海ガメがやってきます。

その数は視界の中に入るだけでも30匹以上の時も!

海ガメが多くいるエリアは岩場なので、砂浜に上がっているカメを見ることはなかなか低確率ですが、海の中に入ると360度カメに囲まれますのでご用心!

人のいないビーチでたくさんのカメに会いたい人は是非行ってみてください。

尚、海ガメは法律でしっかり守られているので、触ったり追いかけたりしないようにルールを守って遊んでくださいね。

こちらのスポットへ行けるツアーのご紹介

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「午後からたっぷり!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

アリィビーチ (Ali’i Beach)

ハレイワタウンのすぐ近くにある人気の海ガメ見学スポット、アリィビーチ。

ビーチに隣接している19エーカーの青々と茂った芝生の公園はロコたちの大好きなピクニックエリアです。

アリィビーチは遠浅の海で、深さが大人の腰くらいなので泳げない人でも海に入って遊ぶことができます。

波が大きい冬場ほど海ガメが砂浜に上がってくることが多いので、このビーチを訪れるのは冬のシーズンがオススメです。(地理的に波の影響を受けないので、冬のシーズンでも泳げますよ!)

また冬場ならば、アリィビーチのお隣ハレイワビーチはサーフィンの世界大会「ハワイアンプロ」が行われることで有名なので、大会期間外でも上手なサーファーをたくさん見ることができると思います。

ちなみに夏場でも上がってくることはよくあるのですが、冬に比べると半分くらいの確率なので、夏は他のビーチの方がいいかと思います。

海ガメビーチはノースショアにはたくさんあるので、上記以外でもまだまだチョイスはありますので1年通してほぼ見られますのでご安心を!笑

1点だけ、アリィビーチは沖が一部すごく浅いので、潮が引いている時間帯は海ガメが入ってこられず、全く見られない状況もあります。

このビーチでもし泳いでいるカメが全く見えなかったら、粘らずに他のビーチを当たった方が良いです!

こちらのスポットへ行けるツアーのご紹介

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「午後からたっぷり!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

カイオナビーチ (Kaiona Beach)


ハワイにはまだまだ知られていないとても綺麗なビーチがあります。

真っ白な砂浜と、どこまでも続く青い青い海。

オアフ島、東海岸に位置するカイオナビーチは知られざる絶景ビーチです。

決して有名なビーチではありませんがその美しさは全米No.1ビーチのラニカイにも引けを取らない美しさなんです。

教えてしまうのがもったいないくらい、観光客には知られていない静かなビーチです。

カイオナ(Kaiona)とはハワイ語で「魅力的な海」。

平日はほとんど人がいませんのでプライベートビーチのような感覚を楽しめます。

休日にはロコたちがバーベキューをしてのんびり過ごしています。

海に向かって左側の岩がある付近にはウミガメがのんびり泳いでいることもよくあります。

海から泳いでいると見えるコウラウ山脈も絶景です。

海はとても穏やかで波もほとんどないので、プールのようにプカプカと浮かんでのんびり海水浴が出来ます。

水遊びで疲れたら、木陰でゆっくりと寝そべって・・・。

この砂浜のすぐそばに木がある雰囲気がプライベート感を醸し出して本当に最高なんです。

最もハワイらしい時間を過ごせるビーチなので、特にカップルにはオススメ!

こちらのスポットへ行けるツアーのご紹介

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」
※2018年2月の法改正により、こちらのスポットはツアー車両での立ち入りが禁止されています。ご訪問をご希望の場合は商用車が立ち入りできる場所より15分ほど歩いてアクセスしていただく必要がございます。