ププケアビーチ (Pupukea Beach)

ハワイと言えばシュノーケリング!
青い海にトロピカルなお魚を楽しみたいという方に、是非お勧めしたいのがププケアビーチです。

ガイドブックにはあまり掲載されていないせいか、日本人をあまり見かけることがありません。

アクセスはノースショアのフードランドが良い目印になります。(というより、他には周りに何もありません。笑)

ちなみに「Pupukea」とは、ハワイ語で「白い貝」を意味する言葉で、ハナウマ湾に次いでオアフ島で2番目に海洋生物保護区に指定されました。

海の透明度が素晴らしく、魚影豊かな入り江です。

もちろん釣りも禁止なので、魚の警戒心がなく目の前30cmで様々な魚を見ることができます。

ここでみられる魚はスズメダイ、ベラ、またハワイ州の州魚でもある「フムフムヌクヌクアプアア」などです。

ビーチの周りは岩の壁で囲まれていて潮溜まりのプールのような入り江なので、小さな子供づれのファミリーでも安心してシュノーケリングが楽しめます。

水深は腰から1m40cmくらいと、基本的には足がつく深さなので泳げない方でも遊べます。

ただし、足元には要注意!

岩がゴツゴツしていて浅いので、足に擦り傷を作りやすいです。

また、ウニやサンゴもいますので、浅くてもなるべく歩かずに泳ぐことがポイントです。

シーズンは5~9月の夏場がオススメですが、ここは岩に囲まれていて波の影響を受けにくいので、冬でも入ることができる日が多いです。

魚の数や種類はハナウマ湾の方が多いですが、魚を近くで見る、大群を見るという部分ではププケアはとてもオススメのスポットなので、是非オプションの一つに入れてみてくださいね。

シャークスコーブ (Shark’s Cove)


ハワイに来たからにはトロピカルなお魚にたくさん会いたい!

そんな願いを手軽にかなえてくれるスポットがシャークスコーブです!

海に入ると、数メートル進むだけでそこは天然水族館!

出会える魚は実に40種類以上、色とりどり、大中小、様々なお魚に出会え、高確率でカメさんとも一緒に泳げます!

シャークスコーブと言うと、「サメがいるんですか?」とよく質問されるのですが、ご安心ください。

名前の由来は入り江の形がサメの形に見えるからで、残念ながらサメに出会えるからではないんですね。

ちなみにサメに会いたい場合は、別途サメツアーもありますよ!笑(危なくないやつです)

このビーチは本当に魚が多いので、ローカルのみならず、アメリカ本土、さらには世界中からシューノケーリングを楽しみにたくさんの人が訪れる人気スポットです。

オアフ島で最も有名なシュノーケリングスポット、全米No.1ビーチのハナウマ湾よりも正直オススメ!笑

シャークスコーブ左端の岩場付近には白いお魚の大群が見やすく、中央部分の岸に近い部分では黄色いお魚の大群、右端の岩場に沿って泳ぐとカメが高確率で見られますので、是非参考にして見てください。

シャークスコーブのベストシーズンは5月~9月で、冬場になってくると波が高く、岩場にぶつかってしまって危ないのでほとんど入れなくなります。

また、海に入ると数メートルで5m以上の水深になりますので、全く泳げない方には少し厳しめかもしれません。

全く泳げない方は、逆にこちらでダイビングに挑戦するのもアリです。

泳げない方がシュノーケリングをするのは難しいですが、ダイビングならカナヅチでも全然大丈夫!

地形もダイビング向きで海底洞窟を散策して楽しめること間違いなし♪

スリーテーブルズ (Three Tables)


オアフ島のノースショアでシュノーケリングをするならば、是非チョイスの一つに入れてほしいのが、スリーテーブルズです。

アロアロトラベルではハナウマ湾よりもオススメかな~。笑

透明度抜群の海には、ハナウマ湾と同じくらいたくさん魚がいますし、何といっても無料です!

もちろん、ビデオを見ることもなく着いたらすぐに潜りに行けます。笑

スリーテーブルズとはその名の通り、ビーチから20mほどのところにいくつかのテーブルのような岩があることからこのように名付けられています。(本当は3つ以上あるんですけど。。。)

テーブルのような岩に上ることもできますし、岩の周りでは魚たちが餌が落ちてくるのを待っていますので、岩に沿って泳いでいくとよりシュノーケリングを楽しむことができます。

スリーテーブルズでみられるお魚は、ベラの仲間やテングハギ、チョウハン、そして州魚のフムフムヌクヌクアプアア(タスキモンガラ)などです。

ビーチは砂ではなく、細かくてきれいなサンゴなのでついつい、ゴロゴロしてしまいます。笑

スリーテーブルズの難易度はププケアビーチパーク内にある他の2つのポイント、ププケア、シャクスコーブのちょうど中間くらい、2番目といったところです。

魚の数も2番目。笑

3つのポイントそれぞれの地形が変化に富みシュノーケリングの雰囲気もガラリと変わってきますので、深くてもお魚がたくさん見たい!とか、子供がいるので浅瀬でシュノーケリングを楽しみたい、など目的別に選んでもらっています。

テーブルの外側は水深4.5mと割と深くなりますので、注意してくださいね。

もちろん、冬場の波の高い時に近づくのは厳禁です!

他に誰も泳いでいる人がいない場合は絶対にやめましょう。

こちらのスポットへ行けるツアーのご紹介