ハワイと言ったらやはり海遊び!

でもどうせだったら、たくさんの魚や海ガメ、イルカと泳ぎたくないですか?

こちらの記事では、海遊びのプロフェッショナルであるアロアロトラベルのスタッフがオススメするハワイの有名シュノーケリングビーチをまとめて紹介しています。

選考基準は、「とにかく魚がたくさんいる」、「あわよくば海ガメやイルカ、ハワイアンモンクシールなども見れる」という厳しめプランなので、これらのビーチではどこに行っても大量の魚を見ることができます。笑

是非、ハワイ旅行の参考にしてみてください!

ププケアビーチ (Pupukea Beach)

ハワイに来たらやっぱりシュノーケリングですよね!

青い海とトロピカルなお魚を楽しみたいという方に、是非おすすめしたいのがププケアビーチです。

「Pupukea」とは、ハワイ語で「白い貝」を意味する言葉で、ハナウマ湾に次いでオアフ島では2番目に海洋生物保護区に指定されています。

魚が多く、海の透明度も素晴らしいのに、ガイドブックにはあまり掲載されていないせいか、日本人をあまり見かけることはありません。

釣り禁止エリアなので、魚の警戒心がなく目の前で様々な魚を見ることができますよ〜

ここでみられる魚は主にスズメダイ、ベラ、またハワイ州の州魚でもある「フムフムヌクヌクアプアア」などです。

ビーチの周りが岩の壁で囲まれていてプールのような入り江になっているので、小さな子供連れのファミリーでも安心してシュノーケリングが楽しめます。

水深は膝くらいから1m40cmくらいと、大人であれば基本的には足がつく深さなので泳げない方でも遊べます。

ただし、足元には要注意!

岩がゴツゴツしていて浅いので、足に擦り傷を作りやすいです。

また、ウニやサンゴもいますので、浅くてもなるべく歩かずに泳ぐことがポイントです。

シーズンは5~9月の夏場がオススメですが、ここは岩に囲まれていて波の影響を受けにくいので、冬でも入ることができる日が多いです。

ノースショアを訪れた際には是非遊びに行ってみてくださいね。

ププケアビーチへ行けるツアー

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「ハワイの大自然を満喫!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

シャークスコーブ (Shark’s Cove)

ハワイに来たからにはカラフルなお魚たちと一緒に泳ぎたい!

そんな願いを手軽にかなえてくれるスポットがノースショアにあるシャークスコーブです。

東海岸の「ハナウマベイ」や西海岸の「エレクトリックビーチ」よりも魚の数が多い、まさにハワイで1番のお魚天国。

ハワイのローカルのみならず、アメリカ本土、さらには世界中からシューノケーリングを楽しみにたくさんの人が訪れる人気スポットです。

海に入ると、数メートルの浅瀬でもそこはすでに天然水族館!

シュノーケリングの範囲で出会える魚は実に40種類以上、色とりどり、大中小、様々なお魚に出会え、高確率で海ガメとも泳げますよ〜

波が強い時は危険なので入ることはできませんが、泳げる時はすごくオススメなので、是非遊びに行ってみてくださいね。

シャークスコーブのシーズンや注意点

シャークスコーブと聞くと、「サメがいるんですか?」とよく質問されるのですが、これは入り江の形がサメの歯形のように見えるからで、サメがいるわけでは無いのでご安心ください!

ちなみにサメに会いたい場合は、ノースショアのハレイワからサメツアーも出てますので、よければチェックしてみてくださいね。

魚がよくいるエリアは?

シャークスコーブ左端の岩場付近には白い魚の大群がいます。

まずは湾の左側に沿って沖に出て行ってみましょう!

中央部分の岸に近い浅瀬の部分には黄色い魚の大群が見えることが多いです。

湾の右側の岩場に沿って泳ぐと高確率で海ガメに出会えます。

オススメのシーズンは?

シャークスコーブのベストシーズンは5月~9月で、冬場になってくると波が高くて危ないのでほとんど入れなくなります。

シーズン始めの5月頃は海ガメがよく見られます。

本当に波が穏やかでほぼ間違いなく泳げるのは6月上旬〜8月下旬くらいです。

シャークスコーブの注意点は?

海に入るとすぐに5m以上の水深になりますので、全く泳げない方は隣にあるププケアビーチで遊ぶようにしましょう。

もしくは逆にダイビングに挑戦するのもいいかもしれません。

地形もダイビング向きで海底洞窟を散策して楽しめること間違いなし♪

また、シャークスコーブでは岩で足を切るという怪我が頻繁に起こります。

これは地形的に岩がシャープなので、ちょっとぶつかっただけでも切れてしまうからです。

そのため、泳ぐ時は必ず足元が砂浜のエリアから出入りするように気をつけましょう。

シャークスコーブ へ行けるツアー

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「ハワイの大自然を満喫!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

スリーテーブルズ (Three Tables)

オアフ島ノースショアでシュノーケリングをする時に、是非選択肢の1つに入れていただきたいのが、スリーテーブルズです。

スリーテーブルズとはその名の通り、ビーチから20mほどのところにいくつかのテーブルのような岩が3つあることからこのように名付けられています。

テーブルのような岩に上ることもできますし、岩の周りでは魚たちが餌が落ちてくるのを待っていますので、岩に沿って泳いでいくとよりシュノーケリングを楽しむことができます。

スリーテーブルズで見られるお魚は、ベラの仲間やテングハギ、チョウハン、そして州魚のフムフムヌクヌクアプアア(タスキモンガラ)などです。

地形の関係で、海の透明度が抜群で、人も少ない綺麗な海でのシュノーケリングは最高ですよ〜

ワイメアビーチ、ププケアビーチ、シャークスコーブなどのオススメビーチが全て徒歩圏内なので、たっぷり海で遊びたい方は是非訪れてくださいね!

スリーテーブルズはのんびりするにも最適!

シュノーケルだけではなく、海で1日のんびりしたいというプランの時もスリーテーブルズはいい感じです!

ビーチは砂ではなく、細かくてきれいなサンゴなのでついつい、ゴロゴロしてしまいます。笑

スリーテーブルズの難易度は足はつかない深さですが、大きな波が入りにくいので少し波が強い日であっても入ることができます。

近くにある海とはそれぞれの地形が異なってシュノーケリングの雰囲気もガラリと変わってきますので、深くてもお魚がたくさん見たい!とか、子供がいるので浅瀬でシュノーケリングを楽しみたい、など目的に沿ってビーチを選ぶと良いかもしれません。

ちなみにテーブルの外側は割と深くなりますので、注意してくださいね。

もちろん、冬場の波の高い時に近づくのは厳禁です!

他に誰も泳いでいる人がいない場合は絶対にやめましょう。

スリーテーブルズへ行けるツアー

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「ハワイの大自然を満喫!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

ハナウマ湾 (Hanauma Bay)

ハワイを訪れたらやっぱりカラフルな魚やウミガメと泳ぎたい!

そんな方にオススメしたいスポットが「ハナウマ湾」です。

何十種類もの大中小様々な魚がたくさんいて、全米ベストビーチにも選ばれるなど、知名度も綺麗さもアクセスのしやすさも文句なし!

ワイキキから遠くないのでバスやツアー、タクシーでも簡単に行けますし、ロッカーやランチなどの施設も充実しているので、気軽に遊びに行くことができます。

ハワイ有数のシュノーケリングポイントであることは間違い無いでしょう。

毎週火曜日はお休みなので、それだけ気を付ければ他は何も困ることがありません。

こちらの記事では、そんな「ハナウマ湾」の遊び方を徹底解説したいと思います!

ハナウマ湾で遊ぶまでの流れ

ハナウマ湾はあまりにも有名なため、実際に海で遊ぶまでにいくつかのステップがあります。

まずは、入り口で入場料を支払いましょう!

大人は$7.50、12歳以下の子どもやハワイ在住者、留学生などは入場料無料です。

一度入場してしまうとそのあとは食べ物を買う場所が無いので、必要な人はチケット売場の反対側にある売店に寄っておきましょう。

入場すると中にはエデュケーションセンターがあります。

ハナウマ湾の歴史に関する情報やサンゴの標本などが展示されています。

ハナウマ湾のレクチャービデオの上映時間に合わせて鑑賞しましょう。

混み具合にもよりますが、普通は上映時間まで30分ほど待つことが多いです。

ハナウマ湾のビーチに降りるために、約9分のレクチャービデオを見ることが義務付けられています。

これは、自然保護区として生態系を厳しく管理していくために設けられた制度で、

  • ビーチでは魚の餌付けの禁止
  • 砂やサンゴ等の持ち出し禁止
  • 水溶性のサンオイルや日焼け止めの使用の禁止
  • サンゴ礁の上に立たない、歩かない
  • 禁煙・禁酒

などのルールを守ってもらうためのものです。

英語での上映となるので、必要な方は日本語のヘッドセットを無料で貸出してくれるサービスもあります。

レクチャービデオを見終わると、いよいよビーチへ向かいます!

坂道を下って行くのですが、歩きたくない人は有料トロリーを使う手もあります。

  • 1日乗車券:2.50ドル
  • 片道下り:1.25ドル
  • 片道上り:1.25ドル

金額は高くはないですが、距離も短いので使うかどうか迷いどころです。

一般的には下り3分、上り5分くらいの道のりです。

道を下って行くとようやくビーチに到着します。

ハワイでは「泳ぐまでに最も時間がかかるビーチ」ですね。笑

海底まで透き通って見える透明度の高さ、サンゴ礁とカラフルな魚たちに囲まれてのシュノーケリングは最高です!!

ちなみに訪れる日は火曜日がお休みなので、水曜日の朝が透明度抜群でおすすめです!

カメは湾の左側にいることが多いです。

魚の群れはサンゴ礁を超えて少し深くなるあたりにたくさんいます。

もちろん浅瀬でも魚が見られるので、小さなお子様連れのファミリーも安心してくださいね。

ハナウマ湾へ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」
※こちらのスポットは商用車での入場が禁止されています。ご訪問をご希望の場合はツアー車両が入場可能な場所から徒歩にてアクセスしていただく必要があります。

エレクトリックビーチ (Electric Beach Park)

オアフ島西海岸、美しい海岸線の中で最も多くの生き物が集まるエレクトリックビーチ。

火力発電所の温水が排出されるため海水温が高く、たくさんのカラフルな魚たちやウミガメ、ハワイアンモンクシールなどが集まってきます。

「エレクトリック」というビーチ名も火力発電所の近くにあることに由来しています。

シュノーケリングのスポットとして隠れた名所となっていて、西海岸のエリアではNo.1です。

イルカをビーチアクセスで見ることができるのは、このビーチの最大の人気の秘密でしょう!

ちなみにエレクトリックビーチで1番イルカが見れる時間帯は10〜13時頃!

それなりには沖の方まで出ないといけませんが、ウミガメや魚たちはあまり沖に出なくても見ることができるので泳ぎに自信がない人も楽しめます。

ハワイアンモンクシールは陸でお昼寝していますよ。笑

ライフガードはいないので初心者だけのシュノーケリングは注意する必要がありますが、春〜夏は比較的海が穏やかなので泳ぐにはオススメです。

まだまだ隠れ家ビーチのような感じで、人も少ないので是非ゆったりとした時間を過ごしてくださいね。

ハワイアンレイルウェイのお写真スポットも!

インスタスポットとしてよく観光客が訪れるのも、実はエレクトリックビーチ。

毎週土曜日と日曜日に観光列車としてカポレイとエレクトリックビーチ間を走っているハワイアンレイルウェイの線路が人気となっています。

ここからの景色がいい感じなので、駅は無いですがこの場所が電車の終点になっているんですよ〜

線路の上に座って写真を撮ると、ハワイっぽさ満点の絵が撮れますので是非トライしてみてくださいね。

エレクトリックビーチへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」
「オアフ島西海岸!コオリナ&ワイケレ&絶景穴場スポット」