ハワイと言えば海!という人も多いですが、実はトレッキングもすごくオススメのアクティビティです。

どこも絶景スポットで素晴らしいところばかりですが、その中でもピルボックスはフォトジェニックな写真が撮れることで大人気!

こちらの記事では、アロアロトラベルのスタッフがオススメするハワイの人気ピルボックスを5つまとめて紹介しています。

雑誌やテレビで話題のスポットから、まだほどんど誰も知らない穴場スポットまで多数!

是非、ハワイ旅行の際にはピルボックス巡りをしてみてくださいね。

スポンサーリンク

エフカイピルボックス (Ehukai Pillbox)

ハワイ、ノースショアで最も有名なピルボックスと言えばエフカイピルボックスでしょう!

別名「サンセットピルボックス」なんて言われる、夕日が美しいおしゃれスポットとして人気のピルボックスです。

比較的穏やかなトレッキングコースなので、登山初心者でも安心で、観光客だけでなく地元の人たちの散歩道になっています。

アロアロトラベルでも多くのお客様が参加されているのですが、道に迷ったりする方もいるので、今回は注意点と共にエフカイピルボックスのすべてを細かく解説したいと思います!

ちなみにエフカイピルボックスの目の前にはエフカイビーチがあり、こちらが通称「パイプライン」です。

サーフィンのビーチとしては世界でも有数のポイントなので、冬のシーズンに訪れると世界大会なども開かれていて両方楽しむことができます。

ぜひ訪れた際の参考にしてみてくださいね。

エフカイピルボックスまでの全ルート解説

今回はトレッキングの難易度もお伝えするため、お客様にツアーモデルをしていただきました。

入り口はパイプライン(エフカイビーチ)のすぐ前にある、サンセットビーチ小学校の駐車場横です。

天気がよくて少し暑いですが、頑張って登って行きましょう。

ピルボックスハイキングですが、半分の方がサンダルです。笑

基本的には登りやすいハイキングコースですが、岩場や木の根があってつまづきやすいのでなるべくスニーカーなどの歩きやすい靴で行くようにしてくださいね。

特に雨の日や足元がぬかるんでいる日は、サンダルだと結構滑るので気を付けましょう。

入り口を入って2〜3分は森の中を平坦に歩いていきます。

一本道なので道に沿ってどんどん進んでいきましょう!

道が開けるとそこからは緩やかな上り坂になります。

最近はこの辺りをマウンテンバイクで走る人も増えてきているので、獣道っぽいものが見えたりもしますが、草むらには入らず土の上を進んでいきます。

どうしても迷った時は左側(海側)がピルボックスの方面なので、「左の道」を必ず選択するようにしましょう。

優しいトレイルコースなので、坂道が少し急になるとこのように階段にしてくれています。

ここから先は緩やかなところは階段がないですが、ある程度傾斜があるところは階段を登っていくことになります。

もし階段がない、結構急な坂道を上がっている場合は違う道に迷い込んでいる可能性があるので素直に引き返しましょう。

15分ほど坂道&階段を登ってくると、休憩用のベンチが置いてあります。

ここまできたらもう少し!

登ってくるのはほとんど終わりです。

ベンチから先は登りの道が無くなり、フラットな道が続きます。

木陰で風や海の音が気持ちよくていい感じです!

平坦な道を10分ほど歩けばいよいよピルボックスに到着。

ここまでの所要時間は平均で30分程度です。

頑張った後には最高の景色が待っていますからね!

ピルボックスに到着しました!

ピルボックスの内側にはカラフルな落書きがあり、屋根には腰掛けるのにちょうど良いベンチがあります。

冬のシーズン(9月〜3月頃)は大きな波が高確率で見られるので、サーファーを見ながら一休みしてくださいね。

実はこちらのピルボックスからさらに10分くらい歩いていくと2つ目のピルボックスがあります。

ここでもよく道に迷う方がいますので、簡単に解説をしておきます!

1個目のピルボックスを出たら右手には「右側へと緩やかに登る大きな道」、左手には「崖沿いを進む両サイドが草むらの道」があります。

今回も左側に進みます。

「崖沿いを進む両サイドが草むらの道」を進むと、その後は「道がなさそうな下っていく岩場」へと続きます。

右側に登る綺麗な道ではなく、とにかく海岸沿いに岩を下っていくコースが正解です!

1個目のピルボックスに着いても「まだまだイケるぞ!」という人は是非行ってみてくださいね。

こちらが2つ目のピルボックス。

1個目のピルボックスの方が高さは高いですが、2個目のピルボックスの方がより視界が開け、あたりが一望できる絶景スポットとなっています。

写真を撮るならやはりこちらがオススメ。

頑張って歩いたあとに見る景色は本当に気持ちが良いので、ぜひ足もとに気を付けながらノースショアの絶景を楽しんでくださいね。

特にこの辺りはサンセットがとても綺麗なので、ピルボックスの上から見るのもいい感じです!

ただし、日が沈んで暗くなると森の中はだいぶ暗くなって道が分からなくなりますのでなるべく早めに、そして気を付けて下山してくださいね。

過去に暗くなって道に迷い、レスキュー隊やヘリコプターが出動して捜索した方もいますので、簡単なトレイルとは言え、決して舐めないようにしましょう!

エフカイピルボックスへ行けるツアー

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「ハワイの大自然を満喫!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

ラニカイピルボックス (Lanikai Pillbox)

ピルボックスブームの火付け役となったラニカイトレイルのピルボックス。

全米No.1ビーチとして有名なラニカイ(天国の海)を一望できる景色はハワイ観光のハイライトになること間違いなし!

ラニカイトレイルの正式名称は「カイヴァ・リッジ・トレイル」。

通称では「ピルボックスハイク」と呼ばれることが多く、地元の人もお気に入りのハイキングコースです。

間違いなくハワイを訪れたら一度は行っておきたいスポットなので、時間があったら是非遊んできてくださいね。

ラニカイピルボックスの行き方、所要時間、難易度

まずは、ラニカイピルボックスの登山口が少々わかりにくい場所にあるので、カイルアタウンをスタートとして簡単なルートを説明します。

カイルアタウンからは徒歩、自転車、バス、Uberなど様々なアクセス方法がありますが、ルートは一緒です。

カイルアタウンからカイルアロードを進むとカイルアビーチが見えてきますので、カイルアビーチパーク内を海を左手に見ながら進んでいくと、モクルアドライブという道にぶつかります。

モクルアドライブを進んで行くと、目印としてカイルアビーチの景色を一望できるアララポイント(坂を登ったところにある塔みたいな物)があります。

そこを超えてそのままラニカイ方面へ進んで行くと道が2つに分かれます(モクルアドライブとアアラパパドライブ)ので右手のアアラパパドライブに進んでください。

しばらく進むと十字路があります(カエレプルドライブ)のでそこを右に曲がってください。

右側にはゴルフ場、左側にトレイルの入り口を示す看板が見えます!

平日、休日ともにトレイルコースを目指している人たちがいるので迷うことなく見つけられると思います。

ピルボックスは急斜面などもありますが、基本的にはそこまで難易度は高くない片道30分くらいのコースになっています。

道はサンダルでも登れなくはないですが、雨が降ると結構ズルズルするのでトレッキングシューズの方がオススメです。

たくさんの人が登るせいか、以前よりも山肌が少しシャープになったような。笑

2つ目のピルボックスまで行こう!

ラニカイピルボックスは実は2つあって、どちらも標高は同じくらいなのですが、見える景色が変わりますので是非どちらも行ってみてくださいね。

2つ目のピルボックスまで行くと、正面にモクルアアイランズが見えるようになります。

登頂のおすすめ時間は日の出の時間!

シーズンによっては双子島(モクルアアイランズ)の間から日が登ってくるのでとても神秘的な雰囲気になります。

ただ、いつの時間に行っても絶景は絶景。笑

ピルボックスの角に座って撮る写真はいつでもインスタ映え抜群です!

ラニカイピルボックスへ行けるツアー

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「天国の海へ!この木なんの木&カイルア観光」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

ピンクピルボックス (Puu O Hulu)

景色が綺麗と有名な西海岸でも、1番の絶景スポットと言えばやはりピンクピルボックスでしょう!

切り立った崖の上にそびえ立つピンク色の可愛いピルボックスで、ハワイ語では「Puu O Hulu」、英語での正式名称は「Maili Pillbox(マイリピルボックス)」と言います。

ピンクピルボックスの由来は、乳がん撲滅「ピンクリボン運動」の活動からピルボックスをこの色に塗ったからなんですよ〜!

オアフ島の他のピルボックスに比べると標高が高いので、難易度は少し高めですが、頑張った分だけ絶景を見れますので頑張って登ってみてくださいね。

ザ・バスでは時間がかかり、レンタカーでは車上荒らしに遭うというようなスポットなので、オプショナルツアーで訪れるのがオススメです。

アロアロトラベルのツアーではたっぷり2時間の滞在時間なので、お写真撮影の時間もしっかり取れますよ〜。笑

ピンクピルボックスは圧倒的絶景スポット!

とにかくフォトジェニックな写真が撮れるということで女子たちの間で話題沸騰中のピンクピルボックス。

ピルボックスの雰囲気はもちろん、そこから見下ろす絶景も楽しめるので人気の理由が分かります。

ただエリア的にいくつかの注意点もあるので、是非これらをしっかり守って楽しんでくださいね。

まず、西海岸のこの辺りのエリアはあまり治安が良くありません。

道を見ると至るとこに車上荒らしによるガラスの破片が散らばっています。

レンタカーで訪れる場合は、高確率で車上荒らしのターゲットになります(車にレンタカーのバーコードが付いているのですぐに分かります)ので絶対に車内に貴重品を残さないように気を付けましょう。

そしてトレイルコースも決して急斜面ではありませんが、雨の日などは足元が滑りやすく、ゴツゴツしている岩も多くあるのでなるべくビーチサンダルではなくシューズをしっかり履いて登るようにしましょう。

片道は約40分ほどですが、ずっと山を登り続けるルートなのであまり体力がない方にはハードかもしれません。

なるべく日中の時間は避け、午前中か夕方頃に登るようにしましょう。

この辺りさえ気を付けていれば、観光スポットとしてはハワイでも最高級レベルの場所なので思いっきり楽しむことができると思います!

ピルボックスの中に入るとひんやりしていて休憩にもぴったりですし、窓から見える景色が絵画のようで、また違った印象です。

建物から少し離れた丘の上に登って海と空をバックに写真を撮ると、ピンクとブルーのコントラストがとても素敵ですよ。

大相撲の元横綱、小錦さんの実家も見えます。

ふもとのマイリビーチパークにはイルカが出ることもありますし、冬になれば沖合にザトウクジラが出ることも!

そんな魅力たっぷりでハワイらしい自然を感じれる場所なので是非訪れてみてくださいね。

ピンクピルボックスへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」
「オアフ島西海岸!コオリナ&ワイケレ&絶景穴場スポット」

プウマエリエリピルボックス (Puu Maelieli Pillbox)

ハワイでは空前のピルボックスブームですが、実はまだまだ知られていないピルボックスもあります!

その代表格と言ってもいいのがカネオヘエリアにあるプウマエリエリピルボックス。

カネオヘのサンドバーが見渡せることから「カネオヘピルボックス」や「サンドバーピルボックス」などとも言われています。

でも、サンドバーだけでなく、クアロアやラニカイの方まで180度以上見渡せるので、もっとすごい名前がついてもいい気もします。笑

写真では伝え切れないくらい感動する景色ですので、興味があれば是非行ってみてくださいね!

プウマエリエリ・ピルボックス訪問の注意点

圧倒的な絶景でかなりオススメのプウマエリエリピルボックスですが、実はアクセスがしにくい場所にあります。

人も全然いないので、どこにあるのかが非常に分かりにくいスポットです。

バスでも行けなくはないのですが、おそらく見過ごすのでほとんどの方がレンタカーで来ると思うのですが、駐車場もありません。

車は「コウラウセンター」という映画館のあるショッピングセンターかストリートパーキングに停めて行きましょう。

目の前に「平等院鳳凰堂」のあるバレー・オブ・ザ・テンプルズ・メモリアルパークがありますのでそれを目印にすると良いです。

森を進むので、蚊除けスプレーは必須です!笑

それとトイレや水道などの公共施設もないので、飲み物やタオルなどもある方が良いですよ〜

プウマエリエリピルボックスは大変?

ハワイの他のピルボックスと比べるとプウマエリエリ・ピルボックスは少し難易度が上がります。

東海岸のラニカイピルボックス(カイヴァ・リッジ・トレイル)、西海岸のピンクピルボックス(マイリピルボックス)、ノースショアのエフカイピルボックスと比べても距離は1番長いです。

子供でも歩けるのでそこまでハードというわけではないですが、木が障害物のようになっている場所もあるので注意が必要です。

一番厄介なのは入り口付近の急斜面が1日中割とジメッとしていてぬかるんでいるのですごく滑るということです。

トレッキングシューズでも滑りますので、木の棒を杖にして進むのがオススメです。

そんな「プウマエリエリ」ですが、登りきったあとは疲れを忘れさせてくれる絶景が待っていますからね!

景色は行ってみてのお楽しみです。笑

往復で約2時間くらいと結構長いコースなので登り慣れていない方は準備運動などしっかり行って挑戦してくださいね。

プウマエリエリピルボックスへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

カエナポイントピルボックス (Ka’ena Point Pillbox)

カエナポイントにある知られざるピルボックス!

残念ながらカエナポイントピルボックスはツアーでお連れすることを許可されていないので、入り口付近まで送って行くことしかできません。

アホウドリの保護区域として舗装された車道がないため、片道1時間ほどのトレイルコースになっています。

海岸沿いと山の絶景がずっと楽しめるので、真夏の時期を除けば気持ちよく散策ができるかなと思います!

ちょっとハードではありますが、2つ目のピルボックスから眺める絶景はオアフ島の西海岸もノースショアも一望できて最高の景色ですよ!

チャンスがあれば是非訪れてみてくださいね。

カエナポイントで海鳥&ハワイアンモンクシールを見学して、余力があればピルボックスにチャレンジしてみるくらいでいいかもしれません。笑

カエナポイントは海鳥の保護区域

カエナポイントピルボックスへ登る前に、まずはカエナポイントの大自然を堪能してみてください。

この辺りは海鳥(アホウドリ)の産卵場所になっているので、1年中たくさんの鳥たちが遊んだり、卵を温めたりしている様子を観光することができます。

ピルボックスの登り口が実は、この海鳥保護区のゲートになっているんですよ!

ハワイアンモンクシールに逢える確率は50%以上!

ちなみにカエナポイントの最大の特徴と言えば野生のハワイアンモンクシールに遭遇できること!

絶滅危惧種に指定されており、世界に約400頭しかいないので、普通であればまず見ることができません。

そんなモンクシールの出現確率が1番高い場所こそ、このカエナポイントなんです!

観光地としてはおそらく相当マニアックなポイントですが、まだまだ知られざるハワイの景色が広がる場所ですので余裕があればぜひ行ってみて下さいね。

カエナポイントピルボックスから見る景色がやばすぎる

カエナポイントの散策を終え、それでも余力があったら是非この山登りに挑戦してみてください!笑

海鳥の保護区入り口のゲートから見えるピルボックスは勾配は急ですが20分もあれば登ることができます。

実はピルボックスはもうひとつあって、さらに上に向かって10分ほど登っていくと2個目のピルボックスに到着します。

なので、ゲートからは実質片道30分というところでしょうか。

さらにここから片道1時間歩いて帰らなくてはいけないので、決して無理はしないでくださいね。

何度も心が折れそうになりますが、頂上には写真では伝わらない感動絶景があるので、気合を入れて頑張りましょう!

カエナポイント自体が海に突き出ているので、遮るものが何もなく180度以上のパノラマを堪能することができますよ〜

カエナポイントピルボックスへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」
※こちらのスポットはハワイの州立公園のルールにより入場に特別なライセンスが必要となります。ご訪問をご希望の場合は商用車が立ち入りできる場所より15分ほど歩いてアクセスしていただく必要がございます。