ハワイ唯一のウォーターアドベンチャーパーク、ウェットアンドワイルド。

バラエティ番組でもよく取り上げられているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

東京ドーム3個分の広大な敷地に25個ものアトラクションがあり、お子様から大人まで思いっきり遊ぶことができます。

ホテルのプールでは物足りない、みんなでワイワイ水遊びをしたいという場合はぜひこのエキサイティングなウォーターアトラクションを味わってみてください!

子供から大人まで1日たっぷりと遊べる人気のスポットなので、お天気の日にはきっといい思い出になると思います。

コオリナエリアに滞在している方にもおすすめです!

ウェットアンドワイルドでおすすめのアトラクション

私がおすすめのアトラクションを3つのジャンルに分けてご紹介します。

ほのぼの系アトラクション

のんびり川を下るような感覚で遊べる、流れるプールの「カポレイ・クーラー」。

全長約260mの流れるプールは3mもの壁に囲まれているので、まるでジャングルに迷い込んだかのような雰囲気を楽しめます。

浮き輪に乗って、滝の横を通ったり流れが速くなったり飽きることなく楽しめますよ〜

ほのぼの系は他にも、ミニゴルフ(※別料金)や温水ジャグジー、子ども用のアトラクションも満載です。

スリリング系アトラクション

3~4人で水流を下る「オハナ・ハイウェイ」や波の出る「ハワイアン・ウォーターズ・ウェーブ・プール」などスリル満点のアトラクションもたくさんあります。

なかでもオススメが「ワイメア・ワール」!

こちらは浮き輪でチューブを滑った後、ボウルに飛び出しグルグルと回転します。

2人でも楽しめるので、是非カップルやご家族で楽しんでみてください。

絶叫系アトラクション

全部で4つある絶叫系のアトラクションは、すべてシンプルな構造ですが迫力は満点です。

一番スリルがあるのは「トルネード」!

15mの高さから大きな竜巻の中を左右に大きく揺さぶられながら降下していきます。

名前の通り、まるで竜巻の中に入ったような感じで、怖すぎるのか比較的いつも空いています。笑

最大4人まで乗れるので、お友達同士で楽しんでくださいね。

ウェットアンドワイルドのランチは?

ひとつ注意点として、ウェットアンドワイルドはパーク内に浮き輪、食べ物、飲み物類(未開封の水1本なら可)の持ち込みが禁止されています。

そのため、ランチなどは園内にある「ウインドジャマー」というフードコートを利用することになります。

ピザ、ホットドッグ、ハンバーガーなどのファストフードから、ハワイらしいロコモコやプレートランチもあります。

スマートフォンを防水ケースに入れて首からぶらさげ、その中にクレジットカードやランチ代を入れておくというのがおすすめです!

ウェットアンドワイルドへの行き方と地図

ウェットアンドワイルドは、「西海岸」のカポレイエリアにあります。

ワイキキからのアクセス方法としては、高速道路H1(West方面)→93号線を走るルートで、車では約40分です。

ワイキキからの移動手段としては、ツアーやレンタカーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

ウェットアンドワイルドへ行けるツアーと周辺施設

ウェットアンドワイルドへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

ウェットアンドワイルドの周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

カポレイコモンズ (Kapolei Commons)