悲劇のヒロインを支えた離宮、クイーンエマサマーパレス。

ハワイで宮殿と言えばやはり「イオラニ宮殿」が思い浮かびますが、このクイーンエマサマーパレスも立派な宮殿として知られています。

ハワイ国民からの支持が厚かったカメハメハ4世と妻のエマ王妃、そして息子のアルバートが幸せな時間を過ごした場所です。

1795年にハワイ軍がオアフ軍を全滅させた「パリルックアウト」の麓にあり、少し高台にあるので今でも緑に囲まれていて風がとても気持ちよく吹きます。

国家歴史登録財に指定されているこの建物には、王族であるエマ王妃や家族の調度品や思い出の品々が展示されています。

外見は落ち着いているので宮殿の持つイメージとは少し異なりますが、ギリシャとハワイの様式を合わせ持つ独特な雰囲気があります。

この場所でハワイの歴史や自然を感じることで、より一層ハワイの魅力を知ることができるはずです。

かなり穴場スポットですが、チャンスがあれば是非行ってみてくださいね。

カメハメハ大王の肖像画

こちらはカメハメハ1世の肖像画です。

有名な観光地にあるカメハメハ大王像とは全然違う雰囲気ですよね?笑

実はカメハメハ大王像は当時宮廷で一番イケメンの兵士をモデルに作られたと言われています。

ハワイの歴史ではカメハメハ1世の存在と言うのはやはりとてつもなく大きいんですよね~

エマ王妃の肖像画

エマ王妃はホノルル生まれ、20歳でカメハメハ4世と結婚し、息子であるアルバート王子を授かります。

そして夏になるとこの離宮で3人で楽しく過ごしていました。

しかし、アルバート王子が4歳で亡くなってしまい、その後まもなくしてカメハメハ4世も他界したことでエマ女王は悲劇のヒロインと言われるようになりました。

そんな悲劇のヒロインであるエマ女王を晩年まで支えたのが、このサマーパレスです。

エマ王妃は慈善事業を精力的に実施し、ハワイで最初の病院・教会・学校などを残した人物として知られています。

アルバート王子を偲ぶ揺りかご

正面寝室にあるアルバート王子の揺りかご。

カメハメハ4世とエマ王妃の希望で作られたもので、ハワイの4種の原木(コア・コウ・ミロ・カマニ)が使われています。

歴史上の重要性から国宝にもなっています。

デザインや材料など細部までこだわりを感じるもので、当時どれだけ2人がアルバート王子を大切に思っていたかが伝わってきます。

王室用の羽根のマント

赤と黄色の羽からできている、王室用の羽根のマント。

どちらの色の羽根もハワイ固有(イイヴィ・マモ)の鳥からできたものです。

羽根の採取の方法は、決して鳥を殺めて羽根をむしり取るのではなく、それらの鳥が落とした羽根を集めたり、とりもちを用いて羽根を少し拝借してすぐ逃がすという方法を取っていたそうです。

このようにとても気が遠くなるような工程を繰り返し、完成したマントという歴史があります。

クイーンエマサマーパレスの行き方と地図

クイーンエマ・サマーパレスは、「ホノルル」のヌウアヌエリアにあります。

ワイキキからのアクセス方法としては、高速道路H1(West方面)→パリハイウェイというルートで、車では約15分です。

ワイキキからの移動手段としては、ツアーやレンタカーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

クイーンエマサマーパレスへ行けるツアーと周辺施設

クイーンエマサマーパレスへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

クイーンエマサマーパレスの周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

パリルックアウト (Pali Lookout)