第二次世界大戦の傷跡が色濃く残る記念史跡!

パールハーバーは日本人にとって、とても意味のある場所です。

1941年12月7日(日本時間8日)、パールハーバーへの日本の奇襲攻撃がきっかけとなり第二次世界大戦が始まりました。

そのため、世界中から多くの観光客が日々訪れる場所となっています。

運営は税金で賄われているので、入場やアリゾナ記念館などは無料となっています。

戦艦ミズーリ、太平洋博物館、潜水艦ボーフィンは別途入場料が必要となります。

パールハーバーにあるアリゾナ記念館は当時沈没した戦艦アリゾナの真上にクロスするように建設されています。

アリゾナ記念館への入場は大変人気があるのでなるべく朝早く行き、チケットカウンターで整理券を受け取る必要があります。

それでも数時間待つことやその日の分が終了してしまっていることもあります。

70年以上たった今でもオイルが流れ出ていて、これは「アリゾナの涙」「黒い涙」と言われています。

アリゾナへの見学ツアーは映画鑑賞も含め約75分あるので、じっくりと歴史を感じながら見学してみてください。

施設は軍の敷地になるので、9.11以降は手荷物が厳しく管理されるようになりました。

バッグは持ち込めませんので、預り所にて預けてください(別途3ドル掛かります)。

ただし、財布やカメラ、ペットボトルなどは持ち込めますのでポケット付の上着などがあれば便利です。

日本人には少し行きづらい場所でもありますが、これからの平和のためにも是非一度は訪れてほしいスポットです。

こちらのスポットへ行けるツアーのご紹介

※こちらのスポットはハワイ州のルールにより特別なライセンスが必要となります。ご訪問をご希望の場合は一度お問い合わせください。