ハワイでの人気イベントといえば、毎週末金曜日に打ち上げられるヒルトンの花火。

日本では夏の風物詩ですが、毎週見ることができるなんでとても贅沢ですね。

打ち上げ場所はヒルトンのレインボータワー前なので、ワイキキビーチからも見ることができます。

一番近くで見ることができるのは、宿泊客以外も出入りできるヒルトンラグーンビーチ。

気になる打ち上げ時間や、ロコにも人気の穴場スポットもご紹介いたします。

ヒルトンの花火は何時から?雨天は中止?

ヒルトンの花火は、時期によってスタートの時間が異なるので注意が必要です。

基本的には19時45分からスタートして約5分ほどの花火を無料で楽しむことができます。

6月1日〜9月6日の日が長いシーズンは20時からスタートするのですが、時間が前後することも多いので余裕をもってスタンバイしておくのがオススメ!

5月〜8月はサンセットを鑑賞してからそのまま花火を見ることもできます。

大雨などの悪天候だと中止になりますが、小雨くらいなら決行されます。

ヒルトンの花火を見るのにおすすめ穴場スポット3選

アラモアナショッピングセンター内のレストラン「マリポサ」

テラス席があるこちらのレストラン「マリポサ」

テラスからだと障害物がなく、ディナーを楽しみながら花火を見ることができます。

ランチタイムもオーシャンビューなので人気が高く、開放的な気分を味わうことができます。

カジュアルな雰囲気で人気のお店なので、花火の時間に合わせたい方は予約をしておくのがおすすめ。

トランプホテルのレストラン「ワイオル・オーシャン・キュイジーヌ」

高級ホテルとして有名なトランプホテルですが、このレストランは意外にもカジュアル。

6階にあるこちらのレストランにもテラス席があり、ヒルトンの花火を鑑賞することができます。

新鮮なシーフードをメインとするレストランですので、お刺身やポキ、ガーリックシュリンプまでメニューの種類も豊富。

カクテルも人気なので是非食事と一緒に楽しんでくださいね。

オススメの穴場ビーチはマジック・アイランド

穴場スポットはアラモアナショッピングセンターの前に広がるアラモアナビーチパーク。

ビーチから海に突き出した形のマジックアイランドという人工島は絶好の花火スポット。

音も大きすぎず、かといって遮る建物もなく海面に映る花火も一緒に見ることができちゃいます。

ベストポジションだと地元の方もよく訪れています。

また、夜景で有名なタンタラスの丘から見ることも出来るので、夜景と合わせて見るととてもロマンチックです。

ちなみにアロアロトラベルのツアーでは、6月1日〜9月6日を除く金曜日は花火の時間に合わせてタンタラスの丘に向かっています。

滞在期間に金曜日が含まれる方は、是非花火も楽しんでくださいね。

ヒルトンの花火への行き方と地図

ヒルトンホテルのレインボータワーの場所はワイキキビーチとアラモアナの中間くらいです。

ちなみに、花火はビーチとデューク・カハナモク・ラグーンの間から打ち上げられます。

ヒルトンの花火へ行けるツアーと周辺施設

ヒルトンの花火へ行けるツアー

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「午後からたっぷり!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

ヒルトンの花火の周辺施設

アラモアナショッピングセンター