ブログ

日本人専門の観光地!?この木なんの木のCMと同じ位置から写真撮影!

『♪この木なんの木~』のCMでお馴染みの日立の樹がある、モアナルア・ガーデン!

ワイキキからは車で30分弱、H201(高速道路)に面した場所にあります。

この『日立の樹』はモンキーポッドと呼ばれている種類の木で、ハワイでは色々な場所で見かけることができます。

夜には花がパタンと閉まることから日本ではネムの木として知られています。

現在の樹齢はおよそ150年で、高さは25メートル、上から見た全体の直径はなんと40メートル!!

存在感がすごいので、遠近法で木を摘まむようにしたり、みんなでジャンプしたり、みなさん写真を撮ることに夢中なようです。

ただ、こちらの木は日立のCMで有名なだけなので、観光客は全員日本人ですが。。。笑

地元の人で訪れる人はピクニックをしているみたいですね。

以前は入場無料でしたが、現在は1人$3(12歳以下の子供は無料)+駐車場代($2.5~)が必要となっています。

日立さんが維持費として毎年5千万円、10年間で5億円を支払ってくださっていたのですが(撮影料なども含まれていたようですが…)、残念ながらその契約が終了してしまったのです。

ちなみにこの木、もともとハワイの木ではなくメキシコからペルー、ブラジルなどの中南米に分布していた木で、ハワイでは侵略的外来種に指定されています。

ハワイでよく見る植物は意外にも外来種が多く、ハイビスカスやプルメリア、さらにはマカダミアも元々は外来種なんですね!

これらの木はイメージ的にハワイの木だと思っていたので、この事実を知ったときは驚きでした!笑

こちらの公園では、モンキーポッドはたくさん生えており、『日立の樹』のお姉さんにあたる『おばあちゃんの木』といわれているものもあります。

この「おばあちゃんの木」の下が最近結婚式場としても人気で、ここから見える景色がとってもいい感じです。

このモアナルア・ガーデン以外にもハワイではいろんな場所でモンキーポッドの木を見ることができるのですが、これだけ大きなサイズで綺麗な形のモンキーポッドを見ることができるのは、やはりモアナルア・ガーデンだと思います!

この土地は古くはカメハメハ5世の所有地だったため、公園内にはカメハメハ5世の別荘もあり、ずっと丁寧に扱われてきたからでしょうね!

他にも、ピンクジンジャーやプアケニケニ、ブーゲンビリア、タロイモの畑などなど、たくさんの植物を見ることができるので、せっかくなら『日立の樹』だけではなく、公園を散歩したり植物を楽しんだりしてみるのもいいかもしれません!

ギフトショップでは「この木なんの木Tシャツ」などのちょっとしたお土産と魚の餌(鯉の池用)が売っているので、もし時間があるなら立ち寄ってみてくださいね。

<インフォメーション>
【住所】 2850 Moanalua Road Honolulu HI 96819
【営業時間】 7:30~日没30分前
【ギフトショップ】 7:30~17:00
【入場料】大人:$3 子供(12歳以下):無料(保護者の同伴が必要)
【お休み】 なし
【徒歩圏内のおすすめスポット】 なし
【施設】 トイレ:○ シャワー:× 駐車場:○ ライフガード:× 波の高さ:×
【オススメ度】 ★★★★☆