ブログ

ココクレーター植物園はプルメリアが咲き誇るオアフ島のパワースポット!

海だけじゃないハワイを知りたい方に是非訪れてほしい場所がココクレーター植物園です。

クレーター?英語だと馴染みがないかもしれませんが、クレーターとは、噴火口のこと。

そう、ハワイの島々は火山の噴火でできた島なんですよ。

火山といえば、今も活発に噴火を続けているハワイ島のキラウエア火山が有名ですが、オアフ島のダイアモンドヘッドも、そしてココクレーターも、10万年以上昔の火山活動で形づくられました。

そんな、大昔の地球の歴史に想いを馳せながら、地球の自然が送り出しているパワーを肌で感じることができるスポットがココクレーター植物園です。

クレーターの内部に作られた植物園ですので、園内はちょっとしたウォーキングコースのような感じになっています。

靴はそれなりのもので訪れるのをお勧めします。園内に売店はありませんので、水分補給できるものの持参も必須ですよ。

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)― 案内図

園内の順路を歩くと約2マイル(3.2km)。約1時間半程度の道のりですが、ゆっくりと気を感じて、花を愛でながら歩くなら、2時間程度みていただくと満喫できると思います。

そして、何といっても植物園ですので、その花々の美しさ、品種の豊富さについてもご紹介しておかなくてはいけません。

100種類を超えるプルメリア。その色の美しさ、咲き誇る花数に圧倒されます。

特に5月~10月はプルメリアの花のシーズンですので、この時期、ハワイを訪れた時には是非立ち寄ってくださいね。

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)― プルメリア

開花の最盛期には園内に充満する甘い花の香りを楽しめますし、花が散り出すと、まるで足元が花びらの絨毯のようになります。

園内にはプルメリアだけでなく、色鮮やかなブーゲンビリア、ハワイ固有の植物やアメリカ本土のサボテン、アフリカサバンナに生息する植物などを見ることができます。

これらの植物が送り出す気がクレーターの中を満たしていますので、この植物園にいるだけで元気をもらえる場所です。

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden) ― 花の中をトレッキング

植物には興味がない、花をわざわざ見に行くのもね、という方もちょっと視点を変えて訪れてみてください。クレーターのトレイルウォーキングとしても、パワースポットめぐりとしても楽しめる場所ですよ。

ハナウマ湾からほど近い場所ですので、ツアーで訪れる際は、うまく組み合わせていただくとこの地域を十分楽しむことができると思います。

<インフォメーション>

【住所】 Kealahou Street, Inside Koko Crater, Honolulu, Oahu, HI 96825
【TEL】 808-522-7060
【開園時間】 7:00~17:30
【お休み】 12月25日、1月1日
【施設】 入場料:無料 トイレ:○(1か所)駐車場:○ 売店:× 
【オススメ度】 ★★★★☆
【Webサイト】Koko Crater Botanical Garden