美味しいアヒポケを食べたいなら1番におすすめしたい、レッドフィッシュ。

ハワイの人気グルメといったらやっぱりポケですよね♪

ちなみにポケというのはマグロなどの生魚を醤油やごま油、海藻などでマリネした食べ物の呼び名です。

スーパーのショーケースに並んでいるものを、好きなだけ量り売りで買うというのが一般的ですね!

どこのスーパーに行ってもポケがずら〜っと並んでいる光景が見られるのもハワイの特徴かもしれません。

そんな中、ハワイの人気ランキング「ポケ部門」で常に1位を取り続けているのがフードランドというスーパー。

そして、そのフードランドが作った唯一のポケ専門店こそ、このレッドフィッシュなんです!

初めて訪れた時は、久々の大当たり!という感じで、一気にお気に入りになりました。

カカアコのソルトにあるので、ワイキキからのアクセスもしやすいですよ♪

レッドフィッシュの最大の魅力

レッドフィッシュは、正式にはレッドフィッシュ・ポケバー・バイ・フードランドと言います。

スーパーで買うのが主流だったポケを「ビールと一緒に楽しむ」「イートインスペースでゆっくり味わう」というコンセプトを実現したお店なんですね!

元々フードランドはポケの種類の多さが人気の秘訣でしたが、レッドフィッシュもその特徴をしっかり受け継いでいます。

ポケにはアヒ(マグロ)、ハマチ、カツオ、帆立、タコ、サーモン、エビなどの魚介類に加え、枝豆、豆腐、ピピカウラ(ジャーキー)、カルアポーク、キムチなど物凄い種類です。笑

味付けも豊富で、例えばアヒポケだけでも、醤油、リム(海藻)、ハワイアンスタイル、スパイシー、カリフォルニアロール、マサゴ、ダイナマイト、ハリケーンと8種もあります!

さらにはトッピングやサイドまでもチョイスがたくさんあるので、オーダーするときは悩みますよ〜

レッドフィッシュのおすすめメニュー

基本的にはポケは自分の好きなものをチョイスしていくスタイルなので、ここではおすすめの組み合わせをご紹介したいと思います。

まず、サイズは2種類で「レギュラー」と「デラックス」なのですが、これはポケを1種類にするか2種類にするかの違いです。

すごくボリュームが多いというわけではないので、おすすめは2種類選べる「デラックス」♪

次にベースは「白米」「玄米」「サラダ」から選べます。

追加料金を払えば、「ゆかりご飯」や「ひじきご飯」にすることもできます!

サイドメニューは1種類選べますが、おすすめはアボガド(+$1)です。

もやし、福神漬け、サラダ、キムチ、ナムル、ガリ、枝豆、海藻、卵、まさごいくら(+$2)、テグー(+$2)など約20種類のチョイスがあります。

最後はトッピングですが、これもネギ、ごま 、ふりかけなど約10種類。

トッピングはいくつ付けても無料なので、私はいつも「全部!」ってオーダーしています。笑

レッドフィッシュはポケ以外のメニューも充実

生魚NGという人は実は結構多いのですが、レッドフィッシュはポケ以外のメニューも充実しています。

ハワイのローカルフードをおしゃれにアレンジした料理がたくさんありますよ♪

サラダや麺類、チャーハン、ショートリブ、サンドイッチ、ハンバーガーなどもちょっとおしゃれな雰囲気です。

なのでポケが食べたくないという人が一緒にいても全く問題なし!笑

ポケをメインでオーダーしつつ、グループでいろんな料理を頼んでわいわい楽しむなんて形がベストかもしれません。

レッドフィッシュへの行き方と地図

レッドフィッシュは、ホノルルのカカアコというエリアにあります。

ワイキキからの移動手段としては、レンタル自転車(biki)、ザ・バス、タクシーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

レッドフィッシュへ行けるツアーと周辺エリア

レッドフィッシュへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」
「ホノルル市内観光!人気&定番スポット全制覇ツアー」

レッドフィッシュの周辺エリア

【完全版】ハワイ・オアフ島ホノルルエリアのおすすめ人気観光スポット