その日に水揚げされたばかりのシーフードが楽しめる、ニコスピア38。

ホノルル港の近くにある朝食〜ディナーまで楽しめるフィッシュマーケット&レストランです。

普段から、安くて美味しくてボリュームもあるメニューばかりですが、お得なハッピーアワーもありますよ!

そのため雑誌でも話題になり、ワイキキからトロリーのサービスもできたので多くの日本人の方が訪れるようになりました。

ちなみにピア(Pier)というのは埠頭という意味で、その言葉通り目の前には港が広がります。

その港で獲れたての魚を仕入れて料理をするので、毎日獲れた魚によってメニューが変わります!

1番人気のメニューはアヒ(まぐろ)のふりかけステーキ

日本ではマグロをステーキにしちゃうの?という感覚かもしれませんが、これすごく美味しい食べ方ですよ。

普通に生のマグロが食べたい方は、隣のフィッシュマーケットに行けば、好みのポキ(マグロ、サーモン、タコ、カツオなど)がゲットできます。

ポキは最大3種類選ぶことができるので、ひとつに絞り込めなくても大丈夫!

3種類選んでも量を調節してくれるので料金が変わらないのも嬉しいポイントですね。

ニコスピア38のアヒポキもハワイで有数の人気店なので、よかったら是非トライしてみてくださいね。

ニコスピア38のおすすめメニュー

このレストラン、正直言って何を食べても美味しいです。

一般的なお肉のプレートランチなども種類は豊富なのですが、やはりここではシーフードのプレートがおすすめです。

アヒステーキよりも個人的に好きなのが、マグロのバラの部分を使ったアヒベリィ

脂が程よくジューシーな味わいで、日本では中トロとか大トロの部位にあたるので、ちょっと得した気分になります。笑

それと、イカやエビがたくさん入ったシーフードパスタ。

ガーリックシュリンプやフィッシュ&チップスも捨てがたいのですが、このアメリカらしいサイズと味付けがたまりません。笑

店内は広くて綺麗なオープンテラス&バーのようになっているので、天気が良ければ外で食べるのもいいですよ〜!

ちなみに近くのホノルルフィッシュオークションでは、アメリカで唯一マグロのオークション(競り)が行われていることでも有名です。

日本での築地みたいなエリアなんですね。

ニコスピア38への行き方と地図

ニコスピア38は、オアフ島の「ホノルル」のカリヒエリアにあります。

ワイキキからのアクセス方法としては、ワイキキから92号線(North Nimitz Hwy)を道なりに進むルートで、車では約20分です。

ワイキキからの移動手段としては、ツアーやザ・バス、タクシーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

ニコスピア38へ行けるツアーと周辺施設

ニコスピア38へ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」
「ホノルル市内観光!人気&定番スポット全制覇ツアー」

ニコスピア38の周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

カメハメハベーカリー (Kamehameha Bakery)
コストコ (Costco)
メグズドライブイン (Meg’s Drive Inn)
メネフネマック (Menehune Mac)
ライオンコーヒー工場 (Lion Coffee Factory)
リリハベーカリー (Liliha Bakery)