日本人が最も訪れるハワイの観光スポット、モアナルアガーデン。

日立のCMで有名なこの木なんの木が生えている公園です。

ほら、『この〜木なんの木~気になる木〜』の歌が頭に浮かびませんか?笑

ちなみに公園と言いましたが、本当はモアナルアガーデンは個人のお庭です。

大きな公園のような感じがしますが、実はある資産家さんの土地なんですね。

かつてはカメハメハ5世の所有地だったので敷地内にはカメハメハ5世の別荘もあります。

休日には地元の人もよくピクニックをしている、のどかな雰囲気の場所です。

広々としていて、のんびりしていて、ハワイの自然を感じることができる場所なので、「日本人ばかりだから〜」と毛嫌いせずに訪れてみてくださいね。

この木なんの木って実際は何の木?樹齢は?

この木なんの木は実はハワイではそこいら中に生えている木です。笑

正式には「アメリカネム」と呼ばれる種類の木です。

夜には葉がパタンと寝るように閉まることから日本でもネムノキとして知られています。

通称では「モンキーポッド」と呼ばれています。

実はハワイ原産ではなく、中南米に分布していた木で、ハワイでは侵略的外来種に指定されていたりします。笑

現在の樹齢はおよそ160年で、高さは25メートル、上から見た全体の直径はなんと40メートル!

5月と11月には開花のシーズンを迎え、赤やピンクの花がたくさん咲きますよ〜

この木なんの木のおすすめ写真スポット

この木なんの木は存在感と緑の開放感がすごいので絶好の写真スポットです。

遠近法で木を摘まむようにしたり、みんなでジャンプしたり、みなさんいつも写真を撮ることに夢中です。

ちなみにアロアロトラベルでは木の下から撮る写真が人気です。笑

木の下に行くと森の中に入ったような感覚がしてとても気持ちいいです!

あとは訪問する時間が朝1番で誰もいない時間に行くので、写真に他の人が写り込むことなく、木を独占した感じで撮影できます。

特に冬のシーズンは虹が木の後ろにかかることもありますよ〜

また、近くには「日立の樹」のお姉さんにあたる「おばあちゃんの木」もあります。

最近結婚式場としても人気で、景色も素晴らしいのでぜひ「おばあちゃんの木」も行ってくださいね。

この木なんの木の入場料・駐車場・トイレは?

以前は入場無料でしたが、現在は入場料+駐車場代が必要となっています。

日立さんが維持費として毎年5千万円、10年間で5億円を支払ってくれていたのですが、残念ながらその契約が終了してしまったのです。

入場する際はビジターセンターのレジで支払いを済ませてから入ってくださいね。

大人は$5、6歳から12歳の子供は$3、6歳以下は無料となっています。

駐車場代は一般的な車のサイズであれば$2.5です。

トイレは入ってからすぐの場所にあるのでそちらを利用しましょう。

なお、ギフトショップでは「この木なんの木Tシャツ」などのちょっとしたお土産と魚の餌(近くの鯉の池用)が売っているので、もし時間があるなら立ち寄ってみてくださいね。

この木なんの木への行き方と地図

この木なんの木は「ホノルル」のモアナルアエリアに位置しています。

ワイキキからのアクセス方法としては、高速道路H1(West方面)→H201を走るルートで、車では約20分です。

ワイキキからの移動手段としては、ツアーやレンタカーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

この木なんの木へ行けるツアーと周辺施設

この木なんの木へ行けるツアー

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「天国の海へ!この木なんの木&カイルア観光」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

この木なんの木の周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

アロハスタジアム・スワップミート (Aloha Studium Swap Meet)
パールハーバー (Pearl Harbor)