オアフ島のノースショアで美しいビーチはどこ?と聞かれれば、真っ先に答えるのがワイメアビーチです。

夏のシーズンは、ハワイでもNo.1の透明度と言っても過言ではない美しいビーチと広い砂浜はお昼寝にも泳ぐにも最高です!

そんな綺麗なビーチにもかかわらず日本人観光客にはあまり知られていないという穴場的な感じもたまりません。笑

一方で冬のシーズンには10mを楽に超える、日本ではまずお目にかかれない大きな波も見学できます。

海でのんびり&まったりしたくなったら是非行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

ワイメアビーチの夏はシュノーケリング

夏のシーズン(5月〜9月)に訪れたら是非シュノーケリングに挑戦しましょう!

海に入ればどこまで沖に出ても底が見渡せるほど透明度が抜群です。

シュノーケリングに疲れたらビーチマットを広げて、ひたすらごろごろしていたくなるビーチですよ〜。笑

ただ、ビーチには日差しを避けられる場所がないので、日焼け対策はしっかりしましょう。

海ガメや魚はもちろん、沖の方に出ればイルカに会えることも!

西側には飛び込み岩、東側にはお魚スポット!

ビーチの西側に行くと高さ8mくらいの大きな飛び込み岩があり、ここから海に向かって飛び込みます。

本当は飛び込みは禁止なんですけど、ライフガードも見逃しています。笑

ワイメアビーチの楽しみ方の1つですね。

東側には岩場があり、そこではそこまで大量というわけではないですが魚が泳いでいるのでシュノーケルを楽しむこともできます。

ワイメアビーチの冬はサーファー見学

冬のシーズン頭である10月くらいになるとだんだん波が大きくなってきて、4月くらいまでは海に入れない日が多くなります。

波が大きくなると、ノースショアでは様々なビーチでサーフィンの世界大会が開かれますので、サーファーの波乗り見学も是非してみてくださいね!

ちなみにワイメアビーチでは40フィート(12m)以上の波が押し寄せる時には、「クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ」が開催されます。

実はノースショアの中でも1番波が高くなるのはワイメアビーチなんです!

夏は海水浴、冬はサーファー見学と年中飽きさせない素晴らしいビーチなので、ノースショアを訪れた時はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ワイメアビーチへの行き方と地図

ワイメアビーチはオアフ島の「ノースショア」エリアにあります。

ワイキキからのアクセス方法としては、高速道路H1(West方面)→高速道路 H2(North方面)→99号線(主にカメハメハ・ハイウェイと言う名前)→83号線(99号線から名前が変わるだけ)と言うルートで、車では約1時間10分です。

ワイキキからの移動手段としては、ツアーやレンタカーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

ワイメアビーチへ行けるツアーと周辺施設

ワイメアビーチへ行けるツアー

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「ハワイの大自然を満喫!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

ワイメアビーチの周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

シャークスコーブ (Shark’s Cove)
スリーテーブルズ (Three Tables)
プウオマフカヘイアウ (Puu O Mahuka Heiau)
ププケアビーチ (Pupukea Beach)
ワイメア渓谷 (Waimea Valley)
ワイメアビーチ (Waimea Beach)