ハワイに来たらウミガメと泳ぎたい、会いたい!

そんな方にオススメするのが亀ビーチの超定番スポット、ラニアケアビーチです。

ラニアケアビーチは波が本当に大きい日を除けば、1年を通して高確率でウミガメ見学をすることが可能です。

夏のシーズン(5〜9月頃)であれば99%会うことができるでしょう!笑

波がある冬のシーズン(10〜3月頃)は30〜50%くらいの確率です。

そんなスポットなので、別名タートルビーチ(turtle beach)と呼ばれています。

ウミガメはハワイ語でホヌ(honu)、幸運をもたらす守護神としてハワイの人たちに大切にされています。

法律で約3mは離れなくてはいけないことになっているので、赤い線が引かれたところからは近づかないようにお気を付けください。

触ったり、乗ったりしたら重い罰金の制度があるので絶対にやめましょう!

ラニアケアビーチには保護団体のボランティアの方々が常駐しているので、海ガメのお話を聞くこともできます。

何年生きるのか、何歳くらいで卵を産むのか、出産の場所はどこかなど、是非色々と話してみてくださいね。

スポンサーリンク

ラニアケアビーチの駐車場やオススメの時間帯について

ウミガメ見学のオススメの時間帯は、12〜15時ごろ。

ウミガメたちは午前は海藻もしゃもしゃ、午後は陸に上がって甲羅干しをするのが日課です。

砂浜に上がっているウミガメを近くでじっくりと見たい場合は午後の時間帯が良いかもしれません。

ラニアケアビーチは1年中たくさんの人が訪れるビーチなので、ウミガメがいない日も多くの観光客で賑わっています。

でも冬のシーズンは待っていても波が強くてあまり亀が寄ってこないので、いなければすぐに移動するのがオススメです。

波が強い日は「アリィビーチ」がいいと思います。

他にもいくつかシークレット亀ビーチがありますが、それはツアー参加者限定公開です。笑

駐車場は本当は無いのですが、「みんなで止めれば怖くない」と言うことで、ビーチの反対側の牧場前にみなさん車を停めています。

そのため、多くの人が道路を渡ることになって道が渋滞してしまって大変なんですけどね…(通称:亀渋滞)

夏のシーズン(5〜9月頃)は海も穏やかで、透明度も抜群なのでシュノーケリングもオススメです。

結構お魚も多いエリアなので、ハワイらしいビーチを楽しむことができます。

岩場付近はヌルヌルしていて滑りやすいのでその点だけ注意して遊んでくださいね。

ラニアケアビーチへの行き方と地図

ラニアケアビーチはオアフ島の「ノースショア」にあります。

ワイキキからのアクセス方法としては、高速道路H1(West方面)→高速道路 H2(North方面)→99号線(主にカメハメハ・ハイウェイと言う名前)と言うルートで、車では約1時間です。

ワイキキからの移動手段としては、ツアーやレンタカーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

ラニアケアビーチへ行けるツアーと周辺施設

ラニアケアビーチへ行けるツアーのご紹介

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「ハワイの大自然を満喫!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

ラニアケアビーチの周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

アリィビーチ (Ali’i Beach)
パパイロアビーチ (Papailoa Beach)
ハレイワタウン (Haleiwa Town)
ハレイワの看板 (Haleiwa Town Sign)
ポハクラナイ (Pohaku Lanai)