カエナポイントにある知られざるピルボックス

残念ながらカエナポイントピルボックスはツアーでお連れすることを許可されていないので、入り口付近まで送って行くことしかできません。

アホウドリの保護区域として舗装された車道がないため、片道1時間ほどのトレイルコースになっています。

海岸沿いと山の絶景がずっと楽しめるので、真夏の時期を除けば気持ちよく散策ができるかなと思います!

ちょっとハードではありますが、2つ目のピルボックスから眺める絶景はオアフ島の西海岸もノースショアも一望できて最高の景色ですよ!

チャンスがあれば是非訪れてみてくださいね。

カエナポイントで海鳥&ハワイアンモンクシールを見学して、余力があればピルボックスにチャレンジしてみるくらいでいいかもしれません。笑

カエナポイントは海鳥の保護区域

カエナポイントピルボックスへ登る前に、まずはカエナポイントの大自然を堪能してみてください。

この辺りは海鳥(アホウドリ)の産卵場所になっているので、1年中たくさんの鳥たちが遊んだり、卵を温めたりしている様子を観光することができます。

ピルボックスの登り口が実は、この海鳥保護区のゲートになっているんですよ!

ハワイアンモンクシールに逢える確率は50%以上!

ちなみにカエナポイントの最大の特徴と言えば野生のハワイアンモンクシールに遭遇できること!

絶滅危惧種に指定されており、世界に約400頭しかいないので、普通であればまず見ることができません。

そんなモンクシールの出現確率が1番高い場所こそ、このカエナポイントなんです!

観光地としてはおそらく相当マニアックなポイントですが、まだまだ知られざるハワイの景色が広がる場所ですので余裕があればぜひ行ってみて下さいね。

カエナポイントピルボックスから見る景色がやばすぎる

カエナポイントの散策を終え、それでも余力があったら是非この山登りに挑戦してみてください!笑

海鳥の保護区入り口のゲートから見えるピルボックスは勾配は急ですが20分もあれば登ることができます。

実はピルボックスはもうひとつあって、さらに上に向かって10分ほど登っていくと2個目のピルボックスに到着します。

なので、ゲートからは実質片道30分というところでしょうか。

さらにここから片道1時間歩いて帰らなくてはいけないので、決して無理はしないでくださいね。

何度も心が折れそうになりますが、頂上には写真では伝わらない感動絶景があるので、気合を入れて頑張りましょう!

カエナポイント自体が海に突き出ているので、遮るものが何もなく180度以上のパノラマを堪能することができますよ〜

ちなみにカエナポイントに関しては記事を分けてご紹介しています。

>>カエナポイント【ハワイのアザラシに会えるスポット!行き方や治安は?】

カエナポイントピルボックスへの行き方と地図

カエナポイントピルボックスはオアフ島の「西海岸」、マクアというエリアにあります。

ワイキキからのアクセス方法としては、高速道路H1(West方面)→93号線(Farrington Hwy)というルートで、車では約1時間20分です。

ワイキキからの移動手段としては、ザ・バスではいけない場所なので、ツアーやレンタカーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

カエナポイントピルボックスへ行けるツアーと周辺施設

カエナポイントピルボックスへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

※こちらのスポットはハワイの州立公園のルールにより入場に特別なライセンスが必要となります。ご訪問をご希望の場合は商用車が立ち入りできる場所より15分ほど歩いてアクセスしていただく必要がございます。

カエナポイントピルボックスの周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

ヨコハマベイ (Yokohama Bay)