ハワイに来たからにはカラフルなお魚たちと一緒に泳ぎたい!

そんな願いを手軽にかなえてくれるスポットがノースショアにあるシャークスコーブです。

東海岸の「ハナウマベイ」や西海岸の「エレクトリックビーチ」よりも魚の数が多い、まさにハワイで1番のお魚天国

ハワイのローカルのみならず、アメリカ本土、さらには世界中からシューノケーリングを楽しみにたくさんの人が訪れる人気スポットです。

海に入ると、数メートルの浅瀬でもそこはすでに天然水族館!

シュノーケリングの範囲で出会える魚は実に40種類以上、色とりどり、大中小、様々なお魚に出会え、高確率で海ガメとも泳げますよ〜

波が強い時は危険なので入ることはできませんが、泳げる時はすごくオススメなので、是非遊びに行ってみてくださいね。

シャークスコーブのシーズンや注意点

シャークスコーブと聞くと、「サメがいるんですか?」とよく質問されるのですが、これは入り江の形がサメの歯形のように見えるからで、サメがいるわけでは無いのでご安心ください!

ちなみにサメに会いたい場合は、ノースショアのハレイワからサメツアーも出てますので、よければチェックしてみてくださいね。

魚がよくいるエリアは?

シャークスコーブ左端の岩場付近には白い魚の大群がいます。

まずは湾の左側に沿って沖に出て行ってみましょう!

中央部分の岸に近い浅瀬の部分には黄色い魚の大群が見えることが多いです。

湾の右側の岩場に沿って泳ぐと高確率で海ガメに出会えます。

オススメのシーズンは?

シャークスコーブのベストシーズンは5月~9月で、冬場になってくると波が高くて危ないのでほとんど入れなくなります。

シーズン始めの5月頃は海ガメがよく見られます。

本当に波が穏やかでほぼ間違いなく泳げるのは6月上旬〜8月下旬くらいです。

シャークスコーブの注意点は?

海に入るとすぐに5m以上の水深になりますので、全く泳げない方は隣にあるププケアビーチで遊ぶようにしましょう。

もしくは逆にダイビングに挑戦するのもいいかもしれません。

地形もダイビング向きで海底洞窟を散策して楽しめること間違いなし♪

また、シャークスコーブでは岩で足を切るという怪我が頻繁に起こります。

これは地形的に岩がシャープなので、ちょっとぶつかっただけでも切れてしまうからです。

そのため、泳ぐ時は必ず足元が砂浜のエリアから出入りするように気をつけましょう。

シャークスコーブへの行き方と地図

シャークスコーブはオアフ島の「ノースショア」エリアにあります。

ワイキキからのアクセス方法としては、高速道路H1(West方面)→高速道路 H2(North方面)→99号線(主にカメハメハ・ハイウェイと言う名前)→83号線(99号線から名前が変わるだけ)と言うルートで、車では約1時間15分です。

ワイキキからの移動手段としては、ツアーやレンタカーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

シャークスコーブへ行けるツアーと周辺施設

シャークスコーブへ行けるツアー

「オアフ島1日制覇!鉄板B級グルメ&人気観光スポット」
「ハワイの大自然を満喫!ノースショア&タンタラスの夜景」
「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

シャークスコーブの周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

スリーテーブルズ (Three Tables)
ププケアビーチ (Pupukea Beach)
ワイメア渓谷 (Waimea Valley)
ワイメアビーチ (Waimea Beach)