大人気の揚げたてアツアツの揚げパン!

1952年に創業した、マラサダの名店「レナーズ」。

外はカリッ、中はフワッとした揚げドーナツを砂糖でまぶしたハワイ定番のローカルスイーツ。

逆にマラサダといえばレナーズと言われるくらい有名なお店です。笑

マラサダは注文を受けてから厨房で揚げてくれるので、いつでも揚げたてアツアツなのが特徴です!

メニューには中に何も入ってないマラサダ3種類と、クリームの入ったマラサダパフ4種類、今月のフレーバー1種類の合計8種類があります。

3種類のマラサダはそれぞれ$1で、ふんわりカリカリの美味しさを一番味わえる白砂糖をまぶしただけのオリジナル、シナモン好きにはたまらない!見た目ほど主張はしない絶品シナモンシュガー、乾燥梅干しパウダーをまぶした、甘酸っぱさがクセになるリーヒンがあります。

マラサダパフは各1.35ドル+Taxで、固めのあっさりクリームとふわふわの生地の相性バツグンなカスタード、ガッツリ食べたい時&糖分が欲しい時のDOBASH(チョコレート)、ココナッツの優しい甘さと柔らかいクリームが生地によく絡むハウピア、裏メニューに近いマカダミアナッツとなっています。

ちなみに月替わりでクリームが変わる“今月の味“は、ウェブサイトでチェックできます☆

(スケジュールはウェブサイトの下の方にあります。)

ちなみに5個以上買うとピンクの箱に入れてもらえます。

4個以下だとピンクのビニール袋です。

マラサダ以外にはドーナツやクッキー、ケーキ、パイにパン、キャラクターグッズなども販売しています。

人気店なのでいつ訪れても行列になっていることが多いのですが、このお店は回転が早いので待っても10分程度なのであまり時間を気にする必要はないかと思います。

ちなみに朝の時間帯(8~10時ごろ)がツアーなどが多く、一番混んでいます。

並んでいない時間帯は13〜16時くらいで、夕方も少し混み合うようです。

それよりもアクセスの方が実は注意が必要で、お店はワイキキから車で約10分の位置にあり、歩いて行くには少し遠いです。

基本的にはタクシーやバス、ツアーなどを利用するのですが、行きはどの手段を利用しても問題ないのですが、帰りはバスはワイキキに戻るバスは本数が少ない上、17時ごろには終わってしまいます。

タクシーも一度離してしますと捕まえにくい場所なので、待っててもらった方がいいかもしれません。

ちなみにレナーズは日本にも出店していますが、日本では販売されていないメニューもあるので、行った際には是非トライして見てくださいね!

こちらのスポットへ行けるツアーのご紹介

「完全貸切り!チャーターツアー(フリープラン)」
「完全貸切り!チャーターツアー(レギュラープラン)」
「完全貸切り!チャーターツアー(デラックスプラン)」