ハワイの人々の信仰の場所、オアフ島最大級のヘイアウ

オアフ島ノースショアのワイメア湾を望む高台に、ハワイ王朝時代の神殿跡、プウオマフカヘイアウがあります。

ヘイアウ(ハワイ語: heiau)とは、古代のハワイ人が建設した聖域のこと。

その昔、ハワイの人々は大自然のあらゆるものには神が宿ると信じ、4大神といわれるクー、カネ、ロノ、カナロアをはじめ「八百万の」神々に祈りをささげていました。

このヘイアウはオアフ島最大級のもので、戦いの神「クー」が祀られ、戦いに勝利したカメハメハ大王もここで盛大な祭事を行ったといいます。

現在は石垣や床が面影を残すのみとなっていますが、その昔は立派な台座の上にティキ像などが立ち、戦いの勝利を祈願する儀式が執り行われていたようです。

1965年に国定史跡に指定され、今もなおハワイの人々の信仰の場所として、供物が祭壇にささげられています。

pu'uo-mahuka-heiau-2

ここに来たら、心を静かにして、風を感じながらヘイアウの周りをお散歩してみるのがいいかもしれませんね。

切り立った崖の下には美しい白波を立てるワイメア湾が広がり、西の方にはカエナ岬までが見渡すことができます。

海でたくさん遊んで、美味しいものを食べて、お買い物をたくさんした後に…。しばし、ハワイの神々の声を聞きに訪れてみてください。

昨今ではパワースポットとして有名になり、その「気」に触れるために訪れる観光客も多いようですよ。

大地と空、海と風。自然のパワーで心も体もリフレッシュしてみるのもいいものですよね!

<インフォメーション>

【住所】 Pu’u O Mahuka Heiau State Monument Pupukea Rd Haleiwa, HI 96712
【時間】 月~日:7:00~17:00
【施設】 入場料:無料 トイレ:○ 駐車場:○ 喫煙:×  
【オススメ度】 ★★★☆☆

コメントは利用できません。