ノースショア、カフク岬にある真っ赤な看板が目印の本格派ガーリックシュリンプ店、ロミーズ。

プリプリの食感がたまらないシュリンプに加え、大きくて食べ応えバッチリのプラウンが絶品で、連日大行列の人気店です。

シュリンプは1皿7~8尾、プラウンは1皿3尾ですが、どちらもボリュームたっぷり!

ロミーズの特徴は、頭まで殻がついているシュリンプや他のお店では提供していないシュリンプよりもワンサイズ大きいプラウンがメニューにあることです。

ガーリック枝豆やリーヒン(梅)パウダーのかかったパイナップル、魚のフライなどサイドメニューも充実しています。

ファストフードではないので調理に30分、行列ができているときは1時間近く待つこともありますので時間に余裕を持って行きましょう。

オアフ島の1番北に位置しているので、ワイキキからはアクセスするのが最も遠い場所ではありますが、是非この絶品B級グルメを食べに足を運んでみてくださいね!

ロミーズで定番のメニューは3種類

最もおすすめ「バター&ガーリック」

こちらがガーリックたっぷりのバター&ガーリック。

ご飯は下に敷き詰められているスタイルで、量はかなり多め。笑

サイドにつくのは醤油ベースのソースですが、付けて食べなくても充分に美味しいです!

甘辛さが癖になるスイート&スパイシー

こちらがエビチリのようにも見えるスイート&スパイシー。

辛さがマイルド、ミディアム、スパイシーの3種類から選べます。

マイルドは割と甘め、スパイシーはかなり辛いので、ミディアムがオススメです!

素材の味がたっぷり楽しめるスチーム

こちらが蒸されたエビがたくさん入っているスチーム。

実はロミーズは頼むプレートによって入っているエビの数が違います。

スチームは味付けは特にせずに、そのままエビを蒸した状態なので素材の味を楽しみたい方にはオススメです。

サイドについているのはカクテルソースと言って、エビにつけるものとしては1番人気のソースです。

ロミーズ裏の養殖池でエビ釣り体験!

ロミーズのお店の裏側はエビの養殖池となっています。

濁っているので見えないですが、エビやコイ、ナマズなど様々な生き物がいます。

ガーリックシュリンプを食べるついでにエビ釣り体験もしてみてはいかがですか?

エビ釣り体験に興味がある方は是非お気軽にお問い合わせくださいね!

針にエビ(共食いですね。。。)をつけて水に落とすと、すぐにこんなのが釣れちゃいます。

大きさは時期によるので、毎回こんなサイズが釣れるわけではないのですが、たくさんは釣れますよ〜!

ちなみにこのエビがシュリンプよりもワンサイズ大きいプラウンと言われるエビです。

ロミーズへの行き方と地図

ロミーズはオアフ島の「ノースショア」エリアにあります。

ワイキキからのアクセス方法としては、高速道路H1(West方面)→高速道路 H2(North方面)→99号線(主にカメハメハ・ハイウェイと言う名前)→83号線(99号線から名前が変わるだけ)と言うルートで、車では約1時間30分です。

左回りで島の中央から高速道路を通って行く場合でも、右回りで東海岸沿いを通って行っても所要時間は同じくらいです。

ワイキキからの移動手段としては、ツアーやレンタカーが移動時間やコストパフォーマンスを考えるとおすすめです!

ロミーズへ行けるツアーと周辺施設

ロミーズへ行けるツアー

「ガイドが専属でご案内!完全貸切りチャーターツアー」

ロミーズの周辺施設

※こちらのスポットは車で5分以内にアクセスできる施設をご紹介しています。

カフクファーム (Kahuku Farms)
ジョバンニ (Giovannis)
フェイマス・カフク・シュリンプ (Famous Kahuku Shrimp)
フミズ (Fumi’s)