海だけじゃないハワイを知りたい方に是非訪れてほしい場所がオアフ島にある植物園。

なんと、オアフ島には5つもの植物園があり、それぞれ特徴や見られる植物などが違うので今回見所をご紹介します!

ホオマルヒア植物園 (Ho’omaluhia Botanical Garden)

5つある植物園のうち最大の規模の植物園が「ホオマルヒア植物園」

コウラウ山脈の北麓に位置するこの園は、1.6平方キロメートルという広大な敷地なので歩いて見て回るのは少し大変かもしれません。

園内は整備された道が通っているので、車で回るのをオススメします。

ハワイの植物はもちろん、フィリピン、アフリカ、スリランカ、インド、ポリネシア、メラネシア、マレーシア、熱帯アメリカ各地原産の植物を集めた6つのエリアがあるため見応えもバッチリです。

ホオマルヒアとは、ハワイ語で安らぎを与える、守るという意味で、その名の通りたくさんの植物が訪れた人たちに安らぎを与えてくれます。

また、この植物園はもともと洪水などの雨の被害が多い地域だったため、ダムの建設と同時につくられたものです。

そんな被害から人々を「守る」という意味もあるのかもしれませんね。

市が管理しているため無料で楽しむことが出来、釣りやキャンプ(有料)を行えるのも人気のひとつ。

釣りは週末のみ行うことが出来、土曜と日曜の10時~14時までの限定です。

釣り具はビジターセンターで借りることができますが、エサは持参しないといけないのでパンなど持っていくと便利です。

キャッチ&リリースのみですので、釣りを楽しんだ後は池に帰してあげましょう。

ハワイ州民以外がキャンプを行うには許可が必要ですので、https://camping.honolulu.gov/こちらから申し込みをしていきましょう。

1日6人までで、$18必要です。

また、食べ物を出しっぱなしにしていると野生の動物が持って行ってしまうこともあるので、厳重に保管しておいてくださいね。

天気が変わりやすく雨が多い地域なので、カッパなどの雨具の準備はもちろん、虫よけの対策をしていくことをオススメします。

ココクレーター植物園 (Koko Crater Botanical Garden)

パワースポットとしても人気が高いのが「ココクレーター植物園」

クレーター?英語だと馴染みがないかもしれませんが、クレーターとは、噴火口のこと。

そう、ハワイの島々は火山の噴火でできた島なんですよ。

火山といえば、今も活発に噴火を続けているハワイ島のキラウエア火山が有名ですが、オアフ島のダイアモンドヘッドも、そしてココクレーターも、10万年以上昔の火山活動で形づくられました。

そんな、大昔の地球の歴史に想いを馳せながら、地球の自然が送り出しているパワーを肌で感じることができるスポットがココクレーター植物園です。

クレーターの内部に作られた植物園ですので、園内はちょっとしたウォーキングコースのような感じになっています。

靴はそれなりのもので訪れるのをお勧めします。園内に売店はありませんので、水分補給できるものの持参も必須ですよ。

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)― 案内図

園内の順路を歩くと約2マイル(3.2km)。約1時間半程度の道のりですが、ゆっくりと気を感じて、花を愛でながら歩くなら、2時間程度みていただくと満喫できると思います。

そして、何といっても植物園ですので、その花々の美しさ、品種の豊富さについてもご紹介しておかなくてはいけません。

100種類を超えるプルメリア。その色の美しさ、咲き誇る花数に圧倒されます。

特に5月~10月はプルメリアの花のシーズンですので、この時期、ハワイを訪れた時には是非立ち寄ってくださいね。

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)― プルメリア

開花の最盛期には園内に充満する甘い花の香りを楽しめますし、花が散り出すと、まるで足元が花びらの絨毯のようになります。

園内にはプルメリアだけでなく、色鮮やかなブーゲンビリア、ハワイ固有の植物やアメリカ本土のサボテン、アフリカサバンナに生息する植物などを見ることができます。

これらの植物が送り出す気がクレーターの中を満たしていますので、この植物園にいるだけで元気をもらえる場所です。

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden)

ココクレーター植物園(Koko Crater Botanical Garden) ― 花の中をトレッキング

植物には興味がない、花をわざわざ見に行くのもね、という方もちょっと視点を変えて訪れてみてください。クレーターのトレイルウォーキングとしても、パワースポットめぐりとしても楽しめる場所ですよ。

ハナウマ湾からほど近い場所ですので、ツアーで訪れる際は、うまく組み合わせていただくとこの地域を十分楽しむことができると思います。

フォスター植物園 (Foster Botanical Garden)

チャイナタウンの北にある「フォスター植物園」は、ホノルルにある植物園の中でも最大級!

ハワイに今生息している植物はもちろん、絶滅寸前のものや野生では生息していない希少なものまで見ることが出来ます。

そして、なんといっても注目してほしいのは世界最大ともいわれるヤシの木「カリブ・ダイオウヤシ」です。

てっぺんまで見上げると首が痛くなってしまうので(!)要注意です。笑

まだまだ成長しているようで、数年後にどれだけ伸びているか確認しに来ても面白いかもしれません。

この植物園は歴史も古く、1853年にカメハメハ大王の妃であるカラマ女王の屋敷をドイツ人医師が購入し木を植え始めたのが始まりと言われています。

では、この医師がフォスターという名前だったのか…というとそうではありません。

約30年後の1884年にアメリカの人のフォスター夫妻が買い取り、妻の死後はホノルル市に寄贈されました。

その後さらに植物園が拡張され今の姿となりました。

インフォメーションにはフォスター夫妻の写真も飾られているので、是非確認してみてください。

園内では結婚式も挙げることができ、とても人気なんだそう。

ハワイの結婚式といえば青い海と空!というイメージですが、他とは違う緑いっぱいの雰囲気も格別ですね。

植物に詳しくないし、ただ見るだけになってしまいそう…という方には、入り口で日本語のパンフレットをもらえますのでご心配なく。

また、月曜~土曜は1日1回10時30分から無料ツアーも行われています。

こちらのツアーは英語のみですが、通常は触れない植物に触れさせてくれたり一味違う体験が出来るので、英語に自信がないという方にもオススメです。

植物好きの方は特に必見のスポットですよ!

こちらのスポットへ行けるツアーのご紹介