ププケアビーチはノースショアの代表的なシュノーケリングスポット!

ハワイと言えばシュノーケリング!
青い海にトロピカルなお魚を楽しみたいという方に、是非お勧めしたいのがププケアビーチです。

ガイドブックにはあまり掲載されていないせいか、日本人をあまり見かけることがありません。

アクセスはノースショアのフードランドが良い目印になります。(というより、他には周りに何もありません。笑)

ちなみに「Pupukea」とは、ハワイ語で「白い貝」を意味する言葉で、ハナウマ湾に次いでオアフ島で2番目に海洋生物保護区に指定されました。

海の透明度が素晴らしく、魚影豊かな入り江です。

もちろん釣りも禁止なので、魚の警戒心がなく目の前30cmで様々な魚を見ることができます。

ここでみられる魚はスズメダイ、ベラ、またハワイ州の州魚でもある「フムフムヌクヌクアプアア」などです。

ビーチの周りは岩の壁で囲まれていて潮溜まりのプールのような入り江なので、小さな子供づれのファミリーでも安心してシュノーケリングが楽しめます。

水深は腰から1m40cmくらいと、基本的には足がつく深さなので泳げない方でも遊べます。

ただし、足元には要注意!

岩がゴツゴツしていて浅いので、足に擦り傷を作りやすいです。

また、ウニやサンゴもいますので、浅くてもなるべく歩かずに泳ぐことがポイントです。

シーズンは5~9月の夏場がオススメですが、ここは岩に囲まれていて波の影響を受けにくいので、冬でも入ることができる日が多いです。

魚の数や種類はハナウマ湾の方が多いですが、魚を近くで見る、大群を見るという部分ではププケアはとてもオススメのスポットなので、是非オプションの一つに入れてみてくださいね。

<インフォメーション>

【住所】 59-712 Kamehameha Hwy Haleiwa, HI 96712
【施設】 トイレ:○ シャワー:○ 駐車場:○ ライフガード:× 波の高さ:○(5月~9月)
【オススメ度】 ★★★★☆

コメントは利用できません。