ブログ

戦争の傷跡が色濃く残る記念史跡

パールハーバーは日本人にとって、とても意味のある場所です。

1941年12月7日(日本時間8日)、日本の攻撃でアメリカの主力戦艦が打撃を受け日本とアメリカの第二次世界大戦が始まりました。

ここ、パールハーバーにあるアリゾナ記念館は当時沈没した戦艦アリゾナの真上にクロスするように建設されました。

少し沖合にあるためボートでしか行くことが出来ず、1日の見学人数に限りがあります。

チケットカウンターで整理券を受け取りますが、2時間以上待つことやその日の分が終了してしまっていることがあるので、必ず見たい方は午前中など早めに行くことをオススメします。

見学はツアーになっていますが、すべて英語なので自信がない方は日本語のオーディオガイド(有料)を借りることもできるので、ご安心を。

記念館からは沈没している戦艦アリゾナを見ることができます。

なんと、70年以上たった今でもオイルが流れ出ていて、これは「アリゾナの涙」「黒い涙」と言われています。

襲撃により亡くなった方の記念碑や真珠湾攻撃に至るまでの資料等、とても見応えがあります。

見学ツアーは75分あるので、じっくりと歴史を感じながら見学してください。

ギフトショップやフードトラックもあるので、こちらもオススメです。

施設は軍の敷地になるので、9.11以降は手荷物が厳しく管理されるようになりました。

バッグは持ち込めませんので、預り所にて預けてください(別途3ドル掛かります)。

ただし、財布やカメラ、ペットボトルなどは持ち込めますのでポケット付の上着などがあれば便利です。

日本人には少し行きづらい場所でもありますが、これからの平和のためにも是非一度は訪れてほしいスポットです。

<インフォメーション>
【住所】 1 Arizona Memorial Road Honolulu, HI 96818
【営業時間】 ビジターセンター:7:00~17:00、メモリアルツアーズ:8:00~15:00(予約不可)
【お休み】 元旦、感謝祭、クリスマス
【徒歩圏内のおすすめスポット】
【施設】 トイレ:○ シャワー:× 駐車場:○ ライフガード:× 波の高さ:× 
【オススメ度】 ★★★★☆